2017年 04月 26日

ボランティア親睦交流会

現在ケア・ユニゾンに登録し、各営業所で活動して下さっているボランティアさんをお招きし、平成29年3月23日親睦会を開催しました。年度末のお忙しい時期にもかかわらず、14名のボランティアさんが参加して下さいました。
自己紹介の後、お寿司やオードブルなどの簡単なランチを用意して召し上がっていただきました。その後、リハビリプラザ松原とリハビリプラザ藤井寺で茶道のボランティアとして活動されているTさんに、お茶を立てて頂き、皆さんでお茶会をしました。慣れない雰囲気に初めは緊張されていた皆さんでしたが、和菓子とお抹茶の美味しさに緊張もほぐれ、和やかなお茶会となりました。
ボランティア懇親会1.png
お茶会の後は、リハビリプラザ藤井寺で職員のお手伝いのボランティアとして活動されているTさんがハーモニカの演奏をして下さいました。どこか懐かしいハーモニカの音色に、参加された皆さんは、思わず口ずさんでおられました。
ボランティア懇親会2.JPG
その後、職員による三線とギターの演奏をさせて頂きました。体でリズムを取ったり口ずさんで下さったりと、皆さん一体となり和やかなひと時を過ごしました。ボランティアの皆様、ご参加いただきありがとうございました。
ボランティア懇親会3.png
職員ご利用者共に、今後も引き続きボランティア活動で訪問していただけるのを楽しみにしております。

投稿者 hcgblog : 16:05 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2016年 07月 20日

平成28年介護職員「初任者研修」・介護福祉士養成「実務者研修」を開講しました

今年もハートケア福祉学院で介護職員「初任者研修」(2月コース2/1から2/26・4月コース4/11から5/17)、介護福祉士養成「実務者研修」(9月コース9/1から2/28・10月コース10/1から3/31)を開講しました。初任者研修受講生10人、実務者研修13人、合計23人が卒業し、現在6人がハートケアグループで介護職として活躍されています。

介護職員「初任者研修」の修了生
写真1.jpg

ハートケア福祉学院を卒業した皆さまから感想を頂いているのでご紹介します。

<介護職員「初任者研修」の修了生のみなさまからの感想>
・全く関係のなさそうに思える題材から介護の本質の大切さを認識させる講師のスキルに感動した。
・とても分かりやすく楽しい授業で、講師が1人1人の意見を聞いてくれたのがとても良かった。
・特に入浴介助の演習が印象に残っている。
・少人数制のグループワークがよかった。
・講師の現場での体験談がとても興味深かった。

介護職員「初任者研修」の様子
写真2.jpg

写真3.jpg

<介護福祉士養成「実務者研修」の修了生の皆さまからの感想>

-介護過程-
・介護計画書の作成はとても難しかったが、授業が進むにつれアセスメントの大切さや利用者の気持ちをくんだサービスをどう立案するのかということを学び、とても役立つ勉強ができた。
・「知らなかった」ことも「もっと知りたい」と思える自分に気づかせてもらって感謝している。
・利用者に寄り添う介護を熱く講義してくれた。

介護福祉士養成「実務者研修」-介護過程の研修の様子-
写真4.jpg

-医療的ケア-
・実際にモデル人形を使用して演習することができ、とても良かった。
・清潔、不潔の大切さを学べた。
・ポイントを絞って教えてもらった。

介護福祉士養成「実務者研修」-医療的ケアの研修の様子-
写真5.jpg

写真6.jpg

卒業された皆さまが、地域で活躍されることを願っております。

投稿者 hcgblog : 15:42 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2016年 07月 5日

「マナー接遇研修」を開催しました

6月15日(水)、NPO法人ケア・ユニゾン主催、増田知乃先生による「マナー接遇研修」を開催しました。毎年多くの方に参加していただいており、今年も50名の地域事業所の方にご参加いただき大盛況でした。

編集1.jpg

今年のテーマは、【「クレーム対応の技術と心得」-信頼関係を築く対応にむけて-】でした。苦情を未然に防ぐための方法や、苦情の初期対応を分かりやすく講義して下さいました。個人ワークと隣の方とのワークもあり、和やかな雰囲気の中、皆さん真剣に聴き入っていました。

編集2.jpg

参加者からは、
・苦情を未然に防ぐため、苦情が発生した時の対応など、とても参考になる話だった。
・クレーム対応の心得を知ることができて心強い。
・「うなづき、あいづち、繰り返し」などの重要性に気がついた。
・すごく引き込まれる研修で参加してよかった。
・傾聴のスキルを高めるとトラブルも少なくいろんな事に役立つと分かった。
などの感想を頂きました。

NPO法人ケア・ユニゾンでは、今後もよりよい研修会の開催を検討していきたいと思います。

投稿者 hcgblog : 13:54 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2016年 04月 22日

ハートケアグループ 行動規範に関わる研修会 ―認知症の理解を深める―

平成28年3月25日(金)パープルホール別館にてNPO法人ケア・ユニゾンが主催する「認知症の理解を深める研修会」が開催されました。
1横井先生.jpg

今年度は、関西福祉科学大学准教授 横井賀津志先生が認知症の方の心境および行動を脳から紐解いて、認知症の方への対応やリハビリテーション方法などを分かりやすく説明して下さいました。

2P1120910-500.jpg

毎年、ハートケアグループでは全営業所(職員)に必修研修として認知症をテーマに研修会を提供していますが、今年は介護職・看護職・療法士・事務職など53名の職員が参加し、たくさんの意見と感想を頂きました。参加者からの感想を少しですが紹介致します。

3認知症研修会2.jpg

【看護職】
認知症にも様々なタイプがありますが、それだけではなく、その人に関わる活動が行動に表れることも多いと思いました。活動や活動する意味合いについて、もっと理解することが出来たら、
よりよい支援が出来るのではないかと感じました。

【介護職】
一つ一つの事例から、その人の過去の生活を知り、その人にとって何が大事なのかを知ることで、その人に合わせたケアが出来ると分かり、大変参考になりました。
また認知症の種類を知り、それに合う様に我々が動いていくことがとても大事なのだと改めて感じました。

4P1120913.jpg

【事務職】
家族が脳梗塞から認知症になり、認知症の方はどういう気持ちでいるのか、どうしてもらいたいのか、など認知症のことを少しでも知りたいという思いでこの研修会に参加しました。

認知症の方を理解するには、その方が今まで生きてきた上で、何に元気をもらってきたのか、何をすることで心機一転できたのか、何に偉大さを感じたのか、何をどうすることでリズムが整っていたのか、何が心地よかったのか、など本人にとってどのような作業を大切にしてきたのかを理解することが大事なのだと知りました。その方が自分らしさを感じ、生きていると実感できる活動(その方が大切にしてきた自分にとっての意味合いの強い活動)を理解することができれば、その方に本当の意味で寄り添うことができるようになるのだと思いました。認知症を発症後もその人らしさを保つためには、その人が大切にしてきた意味合いの強い活動を行うことが大切で、それはまた認知症の予防にも効果が期待されているそうです。

『物忘れ』についてですが、「生理的な物忘れ」と「認知症の物忘れ」は違い、何を食べたかは忘れてもご飯を食べたという事実は覚えているのが「生理的な物忘れ」で、何を食べたかだけではなくご飯を食べたという事実も忘れるのが「認知症の物忘れ」という事です。認知症の方も話し言葉のやり取りはできるのですが、直後にでもその記憶が消え去り同じことを何回も繰り返し話します。それでも初めて聞いたという対応をしてあげることが大切なのだそうです。
そして、認知症の方は、名詞は覚えられないけれども、その時味わった感情(形容詞)は覚えているのだそうです。自分が関わった時その相手にどんな形容詞が残ったかを考えると、次の関わりが変わってくると、先生はおっしゃっていました。この言葉が強く私の心に残っています。

5物忘れ.jpg

ハートケアグループでは、今後も認知症の理解を深める活動を続けていきます。

投稿者 hcgblog : 12:28 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2016年 03月 1日

第6回「介護職員」初任者研修開催

昨年(2015年)11月2日(月)から11月27日(金)にかけて開催された介護職員「初任者研修」11月平日コースが終了しました。
通信課題の提出と16日間のスクーリングという忙しいスケジュールの中、4名の方が受講されました。
休憩中は和やかな雰囲気、授業中は熱心に講義や演習に取り組まれている姿がみられました。

第6回初任者研修1.jpg

第6回初任者研修2.jpg

ブログ 介護過程演習.jpg

受講生の皆さんからは、
・勉強することが、とても楽しかった。
・全て興味をもって聞けた。
・移動・移乗演習が、今まで知っていたやり方よりずっと楽なやり方を教えてもらった。
=講師について=
・生き生きとしていて圧巻で講義内容に感動し、度々涙がでることがあった。
・実体験の話がわかりやすかった。
・仕事に対して情熱的で利用者に対してすごい愛情をもって接していることがとても素晴らしい。
・介護職がどういったものなのか一番知りたかった事を聞かせてもらった。 などの声を頂きました。

第6回初任者研修3.jpg

修了評価試験では、受講生全員が無事に合格されました。
6期生の皆さん、卒業おめでとうございます。そしてお疲れ様でした!

ブログ 6期生の皆さん.jpg

卒業生の方より、「介護士として就職しています!」との声を聞いています。ハートケア福祉学院では、就職相談会を随時受付中ですので、就職に関する悩み・不安等どんなことでもお気軽にご相談ください。

投稿者 hcgblog : 15:31 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2015年 12月 8日

第4回「介護職員 初任者研修」開催

7月15日(水)から11月4日(水)にかけて開催された、「介護職員 初任者研修」水曜日コースが終了しました。
初任者研修1.jpg
今回は通信課題の自宅学習と週1回のスクーリングを行うコースだった為、受講された9名のうち6名がお仕事をしながらの受講となりました。講義・演習にも熱心に取り組まれ、休憩中はお互いに課題の分からないところを話し合うなど、和やかな雰囲気でした。
初任者研修2.jpg
受講生の皆さんからは、
・講師の話が分かりやすくて、おもしろかった。
・見学実習で、初めてデイサービスに行き、バザーの準備に参加できたことが印象に残っている。
・教科書の内容だけでなく、根拠のある介護方法について実例を交えてわかりやすく説明してくれた。
などの声を頂きました。
修了評価試験では、受講生全員が無事に合格されました。

4期生の皆さん、卒業おめでとうございます。そしてお疲れさまでした!
初任者研修3.JPG

投稿者 hcgblog : 10:53 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2015年 08月 11日

高齢者の人権・権利擁護研修会」開催

平成27年7月13日(月)、NPO法人ケア・ユニゾン主催「高齢者の人権・権利擁護研修会」をパープルホールにて開催し、地域事業所の45名の方々にご参加頂きました。

研修会?.jpg

今年度は、きづがわ共同法律事務所の弁護士で、ハートケアグループの顧問弁護士でもある青木佳史先生を講師に迎えての開催となりました。弁護士という肩書から皆さん堅いイメージを持たれていたようですが、青木先生の優しい口調と、また、はっきりとした表現で話される講義は、笑いもありとても親しみやすいもので、皆さん熱心に講義に耳を傾けられていました。
特に、具体的な事例が豊富で、参加者からも「専門的な立場からの話でとても興味深かった」「内容が分かりやすく、面白かった」等の声をいただきました。他には、「今後仕事をしていく中で、考え方の参考になる内容でした」、「福祉の仕事をする上で、人権擁護はよく使われる言葉ですが、改めて言葉の意味を理解することができて良かったです」といった内容の感想も多く、研修会を主催した私たちにとっても、やりがいのある研修会となりました。
ケア・ユニゾンでは、地域福祉の充実を目指し、今後も地域の方と共に向上していけるような研修会を主催していきたいと考えております。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

ブログ P1110312.jpg

投稿者 hcgblog : 10:03 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2015年 07月 10日

第3回 介護職員「初任者研修」開催

5月18日(月)から6月5日(金)にかけて開催された、介護職員「初任者研修」5月コースが、先日終了しました。
平日コースの為、16日間のスクーリングを受講しながら通信課題も提出するという大変忙しいスケジュールでしたが、7名の受講生の皆さんは、すぐに打ち解けて毎日笑顔で受講されていました。
中には休憩中も課題に取り組み、分からないところを質問し合うなどお互いに理解を深めている受講生の方もおり、真摯な姿勢で研修に臨まれている姿が見られました。

ブログ  講義風景.jpg

受講生のみなさんからは、
・授業を進めていく中で、先生の実体験も話して下さったので、楽しく学習できました。
・重要なポイントをわかりやすく講義して下さいました。
・介護現場のお話をたくさん聞けて、すごく勉強になりました。
・本を読んだだけでは分かりにくい事も、実際に自分で体験でき理解しやすかったです。
・ディスカッションやグループ単位での発表などもあり、楽しく受講できました。などの声を頂きました。

ブログ  リハ藤.jpg

実習風景.jpg

ブログ  ディスカッション.jpg

修了評価試験では、受講生全員が無事に合格!介護職として新たな一歩を踏み出した皆さんは、修了証明書を受け取り、晴れ晴れとした素敵な笑顔で受講を終えられていました。3期生のみなさん、お疲れさまでした!

ブログ   3期生.jpg

投稿者 hcgblog : 10:13 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2015年 06月 26日

マナー・接遇研修を開催しました

6月19日(金)、NPO法人ケア・ユニゾン主催 増田知乃先生による「マナー接遇研修」を開催しました。毎年多くの方に参加していただいておりますが、今年も地域事業所様54名の方にご参加いただきました。

マナー・接遇研修1.jpg

研修は個人ワークや隣の方とのワーク演習などがあり、笑いもたくさん起こり、あっという間の3時間でした。例年スタッフとして参加させていただいていますが、今年もまた「なるほど」と気づくことがたくさんありました。

マナー・接遇研修2.jpg

参加者からも、「本当にたのしく学ばせていただきました」
「普段あまりやることのない名刺交換や電話応対のことを学べてよかったです」
「事業所に持ち帰ってぜひ共有したいです」との声をたくさんいただきました。
今後も笑声(えごえ)を意識して、相手に不快を与えないビジネスマナーを身に付け、「参加してよかった」と満足していただけるような研修会を開催していきます。

マナー・接遇研修3.jpg

<ワンポイント>
*笑声(えごえ)
声のトーンはやや高めに、明るい表情が感じられるように、笑顔(笑声)で話す。
笑顔で話すと明るく感情のこもった表情豊かな声になります。電話を受ける際の第一声は会社の第一印象につながります。

*ビジネス電話応対の基本
1.正確に・・・電話では書面のように記録に残らないため、しっかり正確な受け答えが不可欠です。
(数字の読み上げ方)
2:に・ふた  4:よん(「し」は×) 7:なな(「しち」は×) 0:ぜろ・まる 20:ふたじゅう 
2.簡潔に・・・「簡潔に、コスト意識を高く持って」要点を押さえて簡潔に話しながらも感じよく聞こえさせるために言葉を選び使用する。
3.感じよく・・・優しく、丁寧に話すには言葉数をケチらないこと。

投稿者 hcgblog : 14:15 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2015年 01月 27日

ハートケア福祉学院 藤井寺校 開校!

NPO法人ケア・ユニゾンの「ハートケア研修センター」では、これまで介護福祉士養成実務者研修や介護職員初任者研修、その前身となるヘルパー2級養成講座などの各種講座を開催し、地域で活躍できる介護専門職の育成に努めて参りました。平成27年1月、この「ハートケア研修センター」を「ハートケア福祉学院」に名称を改め、事務所及び教室を藤井寺駅前に移転しました。それに伴い、去る1月15日に、ケア・ユニゾン主催の研修・各種養成講座でご協力いただいている講師の方々や、ケア・ユニゾンのボランティア活動員の方々をお招きし、ハートケア福祉学院藤井寺校の開所式を行いました。

外装.jpg

開所式は、NPO法人ケア・ユニゾン理事長辻岡の挨拶から始まり、前理事長から、ケア・ユニゾンが平成18年に開設してからの経緯、これからの事業展開についての話をしました。また、スライドショーをご覧いただき、これまでに実施した社内研修や各種養成講座、ボランティアさんの活動の様子などをご紹介しました。

理事長あいさつ
お祝いのお花.jpg

スライドショー
ハートケア福祉学院開所式-5.jpg

講座で行っている介護実習モデルを使用した喀痰吸引の演習や、身体が不自由になった状態を体験できる疑似装具の体験、福祉用具の展示なども行いました。

喀痰吸引演習                    疑似装具の体験

実習.jpg

経管栄養シミュレータ               福祉用具 

福祉用具.jpg

普段会うことの少ない講師や実習担当の方々の間でも話が弾み、交流を図る良い機会となりました。ご多忙にも関わらずご出席くださった皆様方には、深く感謝申し上げます。

ハートケア福祉学院開所式-10.jpg

ハートケア福祉学院は、今回開所式にご参加いただいた講師やボランティアの方々を初め、多くの方々にご支援をいただきながら地域福祉の充実を目指しています。養成講座の開催を通して専門的な知識・技術等を学んでいただき、優秀な人材を育成し、地域の皆様に質の高いサービスを提供していきたいと思います。どうぞ「ハートケア福祉学院 藤井寺校」をよろしくお願い致します。

ハートケア福祉学院開所式-11.jpg


投稿者 hcgblog : 11:43 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2014年 09月 19日

第4回 同行援護従業者養成研修講座(応用課程)終了のご報告

9月4日・5日の2日間、同行援護従業者養成研修講座(応用課程)を開講しました。
同行援護1.jpg
2日目の演習は受講生が2人一組のペアになり実施しました。1名は介助者、もう1名はアイマスクをして利用者役となり、電車の乗降や、河内松原駅近辺での買い物、車の乗降など様々な体験をしていただきました。中でもエスカレーターや改札では利用者に伝えるタイミングの難しさを実感されていました。受講生からは「利用者の立場に立った演習は、とても貴重な体験でした」「目が見えていない状態がとても大変だという事を身を持って知ることができ、どのように介助をすれば利用者に安心してもらえるかが分かりました」などの感想を頂きました。
また、講座全体では「講義は、とても分かりやすくリラックスして受講できました」「交通機関の利用など、充実した内容でした」などの声を頂きました。

4期生の皆さん、2日間お疲れさまでした。
同行援護2.jpg
ケア・ユニゾンでは、今後もよりよい養成講座の運営に努めたいと思います。

※次回の開講は、平成27年度に予定しております。

投稿者 hcgblog : 15:24 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2014年 07月 14日

NPO法人ケア・ユニゾン主催の『マナー・接遇研修会』を開催しました

6月13日(金)藤井寺パープルホール別館305号室にて有限会社レイズの増田知乃氏を講師に迎え、「平成26年度 マナー・接遇研修会」を開催しました。
マナー・接遇研修1.jpg
毎年大好評の当研修会も今年で8回目の開催となり、地域の介護事業所にも呼びかけ、社内外60名の方々が参加し大盛況でした。
今年のテーマは「利用者満足向上に向けた、苦情になる前の問題解決のヒントと対応」で、苦情の初期対応の大切さや苦情申立者の心理など分かりやすく講義して下さいました。増田氏の表情豊かで人を惹きつける独特な話し方による講義に皆さん聴き入っていました。
マナー・接遇研修2.jpg
参加者から頂いた感想では「例が具体的でとても分かり易かったです」「耳の痛い話が多かったです」「事業所に持ち帰って、すぐにでも実践したいと思います」と、ご自身のケースに置き換えて具体的に想像できた方が多かったようでした。
また、「先生のお話がとても分かり易く、楽しく聴くことができました」「楽しく、ポイントを突いたお話で、3時間がとても短く感じました」「今までのマナー研修とは一味違った、とても為になる研修でした」と増田氏の根強い人気も感じました。
マナー・接遇研修3.jpg
NPO法人ケア・ユニゾンでは、今後もよりよい研修会の開催を検討していきたいと思います。

投稿者 hcgblog : 09:41 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2014年 04月 4日

NPO法人ケア・ユニゾン合同研修会 転倒予防につながる「棒体操研修会」開催

平成26年3月12日(木)パープルホール本館にて「棒体操研修会」を開催しました。当日は、関西福祉科学大学の准教授で作業療法士の横井賀津志先生を講師にお招きし、46名の職員が参加いたしました。
棒体操研修会1.JPG
棒体操は、新聞紙という身近な素材を用い、投げる・受け取る・回転させるなどの動きを利用して、バランスを崩した状態が豊富に体験できるよう工夫されていますので、転倒予防につながります。
棒体操研修会2.JPG
研修会では、棒体操の知識を深める為の講義の後、自分で新聞紙を丸めて棒を作り、どういった効果が期待できるか、実際に体を動かし体験しました。
棒体操研修会3.JPG
≪参加者の声≫
・棒体操は手軽に楽しみながらできる体操なので、自宅でも家族と一緒にやってみたいと思いました。
・棒体操でイメージを膨らませる事によって、転倒時に、とっさに何かをつかむ為のトレーニングになるというのは、とてもいい事だと思いました。
・棒を取り損ねる時のバランスの崩れを体験するのも大切だという事がわかりました。
・講師の話が分かりやすかったです。棒体操は楽しく、ご利用者だけでなく私達にも良い体操だと思いました。
・『失敗体験』が転倒予防につながるという事は、高齢者のやる気を失わせないのでとても良いと思いました。
棒体操研修会4.JPG
皆さん次の日には事業所で即実践されていました。

投稿者 hcgblog : 17:55 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2014年 03月 24日

第13回ガイドヘルパー養成講座 3月コース報告

3月10日(月)から3月14日(金)にかけて開講しました、ガイドヘルパー(移動支援従業者)養成講座3月コース(全身性障がい課程・知的障がい課程)が終了いたしました。
2日間の講義と実際に街に出ての演習があり、皆さん真剣に取り組んでおられました。

演習風景(全身性障がい課程)
ガイドヘルパー1.JPG

ガイドヘルパー2.JPG

13回目となる今回は全身性障がい課程7名、知的障がい課程3名の受講生が講座を修了されました。皆さんお疲れさまでした。

全身性障がい課程13期生の皆さん 
ガイドヘルパー3.JPG

知的障がい課程13期生の皆さん
ガイドヘルパー4.JPG

<受講生の声>
・色々な経験をされている講師や受講生と知り合うことが出来て、良い刺激になりました。
・現在介護関係の仕事をしていますが、知らない事も多かったので、少しでも今後に役立てていく事が出来たらと思います。
・一緒に受講したメンバーに助けられた事も多く、3日間でしたが有意義な時間でした。

今後も皆さんにご参加いただけるような講座や研修等を開催していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

投稿者 hcgblog : 16:42 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2014年 03月 17日

はびきの市民活動フェスタ2014に参加しました

3月9日(日)、はびきの市民活動交流会主催の『はびきの市民活動フェスタ2014』が開催されました。NPO法人ケア・ユニゾンもこのフェスタの実行委員の広報担当として参加しました。
1入口.JPG
フェスタ当日、会場の「エコプラザはにふ」のホールでは、羽曳野市内の市民活動団体のパネル展や発表会が行われました。迫力のある太鼓演奏や太極拳、銭太鼓など日頃の練習の成果を発揮され、プログラム最後の歌声ボランティア団体のステージでは、懐かしい童謡を会場の皆で大合唱しました。別室では新聞紙を使ったエコバッグ作りなどのワークショップや防災をテーマとした講座も開催され、多くの方が参加されました。
写真集合.jpg
NPO法人ケア・ユニゾンは、当日の受付とフェスタのチラシ・プログラム作り、フェスタ限定の「バルメニュー」を近隣の店で購入できるバルメニューチケット作りを担当しました。
8広報物.JPG
アンケートでも「とても楽しかった」「毎年このような催しを続けて地域の方々が楽しんでくださる事を願っています」との声をいただくことができました。今後もNPO法人ケア・ユニゾンでは、地域の方々のお役にたてるよう活動していきたいと思います。
9スタッフ.JPG

投稿者 hcgblog : 17:34 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2014年 01月 24日

ボランティア活動員 親睦交流会のご報告

平成26年1月14日(火)、ハートケアグループにて活動していただいているボランティア活動員さんをお招きして、親睦交流会を開催しました。6名の方にご参加いただき、一緒に昼食をとった後、記念品を作成しました。皆さん色々なアイデアを出されて、とても素敵な作品が出来上っていました。
ボランティア親睦会1.JPG

ボランティア親睦会2.jpg

後半はボランティア活動員さんによるヘルマンハープ、オカリナ、ハーモニカの演奏会を行い、とても綺麗な音色が研修センターに響きました。それぞれの楽器の音色の違いに驚いたり、皆さんで知っている曲を口ずさんだりして、とても盛り上がりました。
ボランティア親睦会3.jpg

ボランティア親睦会4.jpg

最後に、皆さんに1音づつ担当してもらい、ハンドベルで「雪やこんこ」の演奏をしました。5分ほどの練習時間でしたが、皆さんでリズムを合わせ、楽しんで演奏されていました。
ボランティア親睦会5.jpg

皆さんと楽しい時間を共有できました。ありがとうございました。
ボランティア親睦会6.jpg

投稿者 hcgblog : 14:03 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2013年 12月 5日

介護ボランティア養成講座が終了しました

11/27から29の3日間「介護ボランティア養成講座」を開講しました。
市の広報誌で募集を行い、地域の方3名に参加していただきました。

1日目:オリエンテーション・コミュニケーションのとり方
2日目:移動と移乗の介護
3日目:高齢者・認知症の方の理解 リハビリ現場見学

3日間とも皆さん熱心に受講されていました。

介護ボランティア養成講座.jpg

<受講の感想>
・どの先生方も丁寧にわかりやすく教えて下さいました。
・認知症の方の話で再認識ができました。
・ベッドからの起き上がり、車椅子の移動は初体験で大変良い経験でした。

との感想をいただいています。今後はこの講座で学ばれたことを自身の生活やボランティア活動等に活かしていただければと思います☆

投稿者 hcgblog : 17:13 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2013年 10月 10日

第1回 介護職員「初任者研修」のご報告

旧ヘルパー2級に替わる資格としてH25年度4月より新たに始まった、介護職員「初任者研修」の第1回目の開催が終了しました。
今回より新たに修了試験が加わり講義に勉強に皆さん大変だったと思いますが、毎日頑張って受講されていました。

初任者研修1.JPG

初任者研修2.JPG

<受講生からの感想>
・現場業務を経験してからの受講だったので疑問に思っていたことも聞けてよかった。
・介護保険制度については奥が深くて難しい事が多かったですが、1番知りたいと思った事だったので学べてよかったです。
・これをスタートにスキルアップも視野に入れて今後の仕事に励んでいきたいです。

第1期生としては7名の方が受講し、1か月の研修を修了されました。
受講生の皆様 ☆おめでとうございます☆ そしてお疲れ様でした!

初任者研修3.JPG

投稿者 hcgblog : 10:49 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2013年 07月 1日

「よりよい接遇・マナー研修会」のご報告

平成25年6月21日(金)、行動規範に係る研修会「よりよい接遇・マナー研修会」を開催し、60名の方々が参加され大盛況の研修会となりました。
毎年、参加者を引きつけるような話し方や表情で講師をしてくださいます。講師は、有限会社レイズ 増田知乃氏です。
接遇マナー1.JPG
今回の研修内容は「ホスピタリティを介護に」職場内で生じるコミュニケーションの歪みや価値観・感性の違いから生じる対応を含めチームがひとつになるための"相互承認""私メッセージ"などを介護現場の実例をふまえてご講義頂きました。参加された方々は日頃の自身の光景を思い浮かべながら、熱心にロールプレイングに取り組んでおられました。
接遇マナー2.JPG
アンケートでは、「増田先生の話し方・進め方・実例をふまえた話はイメージしやすく、3時間の研修があっという間でした」「明日から学んだことを会社で実践していきます」との前向きな感想が多く、すごく良い研修会となりました。来年度も、充実した研修会が開催できるよう取り組んでいきたいと思います。

投稿者 hcgblog : 10:10 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2013年 06月 19日

同行援護従業者養成研修講座 終了のご報告

6月4日(火)から6月11日(火)に開講しました、同行援護従業者養成講座6月コース(一般課程・応用課程)が終了いたしました。

*同行援護従業者養成講座は、従来のガイドヘルパー養成講座の『視覚障がい課程』に12時間の『応用課程』が追加されたものです。

今回より「交通機関の演習」で近鉄バス松原営業所に協力をいただき、バスの乗降の演習をさせていただきました。

受講生からは、
●「新たな介助の仕方を教わり勉強になりました。今後に役立てたいです。」
●「講師の方々の色々な体験談を聞いて大変だけどとてもやりがいのある仕事だということがわかりました。」
との声が聞かれました。
1-1H25.6同行援護.jpg
帰り道で立ち寄った神社では紫陽花がきれいに咲いていました。
1-2H25.6同行援護p.gif

今後もよりよい養成講座の運営に努めたいと思います。

☆次回の開講は平成26年度を予定しております。

投稿者 hcgblog : 11:11 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ