2017年 02月 24日

デイルーム藤井寺「生け花展覧会」

デイルーム藤井寺では、1月19日に「生け花展覧会」を開催しました。
デイルーム藤井寺生け花展覧会1.JPG
生け花展覧会では、百合・菜の花・カーネーション・ネコヤナギ・チューリップ・桜の木の枝など、四季折々の花からお好きなものを選んで生けていただきました。ご利用者の中には生け花の経験者も多くおられ、「昔、花嫁修業で習っていたわ」「私は未生流なんです」「久々、忘れたわー」と、昔を懐かしく思い出しながら生ける方、真剣な表情で生ける方、皆様思い思いに生け花を楽しんでいました。職員も浴衣を着て、試行錯誤しながらご利用者と一緒にお花を生けました。
デイルーム藤井寺生け花展覧会2.jpg
完成した作品は、1週間ほどデイルームの2階で展示されました。生け花に参加されていなかったご利用者も、作品を見て口々に「綺麗ねぇ」「私も参加したかったわ」とお話しされていました。また、飾ったお花から漂う良い匂いが部屋の中に満ちてとても癒され、見た目だけでなく香りでも生け花を楽しむことができました。
デイルーム藤井寺生け花展覧会3.jpg
参加された皆様、素敵な作品をありがとうございました。また今後も、生け花展覧会を開催していきたいと思います。

投稿者 hcgblog : 13:30 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2016年 12月 15日

デイルーム藤井寺で家族会を開催

デイルーム藤井寺では、11月22日から24日にかけて、フリー参観型の家族会を開催致しました。3日間合計で11家族、16名のご家族に参加して頂きました。
デイルーム藤井寺家族会1.JPG
家族会では、デイでのご利用者の様子をご家族に見学して頂きました。午後1時半、いつものデイと少し違う雰囲気だったので、職員を含めご利用者の方も緊張気味でのスタートでした。
まずは、デイルームの職員紹介をしました。なかなかご利用者の方々の前で名前を言う機会などなかったので、いつもより小さな声になってしまっている職員もいました。                                        
続いて、デイのレクレーションを見学していただきました。レクレーションでは、2つのチームに分かれて、衣装を順にまわしてモデルさん(ご利用者)に着ていただき、タイムを競うゲームをしました。衣装を着た後、モデルさんには、モデル歩きでフロアーを回っていただきました。
デイルーム藤井寺家族会2.jpg
そして、ご家族と職員とで、おやつを食べながらの座談会を行いました。デイでのご利用者の様子やリハビリの様子などを担当者からご家族にお伝えし、ご家族からは、ご利用者の家での様子などを聞かせていただいて、意見交換と情報の共有ができました。座談会でご家族の皆さまからいただいたお言葉を、一部ご紹介します。

●骨折後の排泄介助やリハビリも丁寧で感謝しかない。楽しく過ごせていて安心した。
●主人の意思を尊重してもらえているせいか、最近目に力が出てきたように感じている。自宅では自室にこもりがちだが、デイでリハビリ・書道など活き活きとしている姿を見てデイを利用して良かったと思っている。
●プライドがあり困っているが、デイでは上手に対応してもらえているので感謝している。今日デイに来てお友達もいて楽しく過ごしているので安心した。
●介護に疲れていて一人で悩みを抱えていたが、職員さんに相談し快く融通をきかせてくれたり話を聞いてくれて救われた。
デイルーム藤井寺家族会3.JPG
また、家族会後のアンケートでも「アットホームな明るい雰囲気が良い」「家とは違った表情があり良かったです。いつもありがとうございます」「座談会でスタッフがご利用者の状態を話す様子を伺っているととても観察、把握されていることがわかり、安心感、信頼感がありました」など、嬉しい言葉を多数いただきました。日頃あまり聞く機会のないご家族の思いを聞かせていただいて交流を深めることができ、たいへん充実した家族会となりました。 
お忙しい中ご参加いただいたご家族の皆さま、ありがとうございました。

デイルーム藤井寺 庄田 易功

投稿者 hcgblog : 17:26 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2016年 08月 19日

デイルーム藤井寺 彦星&織姫コンテスト

7月7日は七夕。デイルーム藤井寺では、七夕にちなんで、7月4日から9日まで、"ベスト彦星"と"ベスト織姫"を決定する「彦星&織姫コンテスト」を開催しました。

彦星織姫コンテスト1.JPG

コンテストでは、男性のご利用者は彦星に、女性のご利用者は織姫に仮装していただいて、色々なカップルで記念撮影をしました。仮装用の衣装は、スタッフが家から持ってきたもの、ご利用者が持ってきてくださったもの、ご利用者とスタッフで一緒に作ったもの...とたくさんの衣装が集まり、色んな衣装の中から選んで着ていただきました。

彦星織姫コンテスト2.JPG

最初は遠慮がちだったご利用者も、だんだんと気分が盛り上がってこられたようで、他の方がセーラー服を着て写真を撮っている姿を見て「着てみたい」とおっしゃられ、順番にセーラー服を着ていただきました。カラオケ大会で着たドレスをデイに持ってきていただいたご利用者もいらっしゃいました。

彦星織姫コンテスト3.JPG

最後には、ご利用者と職員で投票を行い、ベスト彦星・ベスト織姫を決定しました。8月にはその表彰式も行いました。

彦星織姫コンテスト4.png

ご利用者の皆様に協力していただいて、大変盛り上がったコンテストとなりました。

投稿者 hcgblog : 10:48 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2016年 06月 2日

デイルーム藤井寺 豆ご飯争奪 川柳大会

デイルーム藤井寺では、毎年春や秋に川柳大会を開催しています。
今年も4月下旬からゴールデンウィークにかけて川柳大会を開催し、フロアの壁にご利用者の川柳を掲示させていただきました。

P1010576.jpg

今回は、『5月』というテーマで皆様に川柳を書いていただきました。
最初はなかなか川柳が思い浮かばないようで、作品が集まらなかったのですが、少しずつ掲示していくと、皆さん色々頭に浮かんでこられたようで、「川柳出来たわ」と言っては次々とスタッフに持ってきて下さり、たくさん川柳を掲示することができました。
投票期間中は、お気に入りの作品を一つに決められず、『あれもいい、これもいい』と迷われている方も多く、皆さん、たくさん投票されていました(笑)。

川柳 選定中.jpg

そしてお楽しみの投票結果は、下記の通りになりました。

結果発表.jpg

受賞された皆様には、表彰式も開催し、表彰状をお渡ししました。
受賞者の皆様もとても喜んで下さいました。

川柳.jpg

川柳2.jpg

受賞されたご利用者のご利用日に、スタッフ手作りのえんどう豆ご飯をご馳走させていただきました。(火曜日、木曜日、金曜日の皆様に食べていただきました。)
えんどう豆は、もちろんデイ藤畑で収穫されたもの。
採りたてのえんどう豆はとっても美味しいと、皆さん喜んで食べて下さいました。

川柳3.jpg

秋にもまた、川柳大会を開催したいと思っています。皆様の素敵な川柳をスタッフも楽しみにしております。

投稿者 hcgblog : 15:15 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2016年 01月 25日

デイルーム藤井寺 忘年会

平成27年12月29日(火)、デイルーム藤井寺では日頃ご愛顧頂いておりますご利用者と職員で忘年会を開催致しました。

ブログデイ藤忘年会0.jpg

午後より宴会場にお集まり頂き、厨房スタッフが腕によりをかけて用意した【鶏つみれ鍋】でおもてなし。
実はこのお鍋はデイルーム藤井寺の畑、通称【デイ藤畑】で育った野菜たち(大根・白菜・水菜など)を前日にご利用者と職員が収穫し、それをふんだんに使ったお鍋なのです!「野菜はとても柔らかく、味は濃くて甘いし、つみれもおだしも美味しい!」とご利用の皆様から大絶賛で、3つの大きなお鍋があっという間になくなってしまいました。

ブログデイ藤忘年会 1.jpg

ブログデイ藤忘年会2.jpg

ブログデイ藤忘年会3.jpg

その後雑炊やデザートも召し上がって頂きました。また、カラオケで盛り上がる一方で、お正月用にとマニキュアをして女子力をアップしました。  

ブログデイ藤忘年会4.jpg

ブログデイ藤忘年会5.jpg

この忘年会は、皆様に笑顔で過ごして頂き、1年間の厄をおとして帰っていただきたいとの思いで企画しました。私達職員もご利用者とお鍋をご一緒し、心も体も温まる1日となりました。        

投稿者 hcgblog : 14:52 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2015年 12月 4日

デイルーム藤井寺 ハロウィンパーティー

デイルーム藤井寺では10月26日(月)から10月31日(土)の一週間、ハロウィンパーティーを開催しました。この一週間は、デイに来られたご利用者を職員が仮装してお出迎え!職員のサプライズにご利用者も朝から大笑いでスタートして下さいました。そして「私、これをかぶりたい、これが着たい、写真撮って!」と、ご利用者も積極的に仮装や写真撮影にご参加くださいました。

ハロウィン1.jpg

ハロウィン2.jpg

ハロウィン3.jpg

午後からは【トリックオアトリート(Trick or Treat)じゃんけん大会】でお菓子をかけた真剣勝負を楽しんでいただきました。この日のために、職員とご利用者で制作したハロウィン用の大きなかぼちゃ(BIGジャック・オー・ランタン)にたくさんのお菓子を詰め込んで、じゃんけんに勝った方にお菓子のつかみどりをしていただきました。じゃんけん大会は職員も参加しましたが、ご利用者のあまりの勝負強さに、アッ!という間にお菓子は無くなってしまいました(笑)。
ハロウィンは、ご利用者世代にとってはあまり馴染みのないイベントですが、職員の仮装で楽しい気分になっていただけたら・・・との思いで今年も開催しました。
この催しでは、ご利用者と職員が共に童心に帰り、涙を流すほど大笑いすることができ、大成功のハロウィンパーティーになりました。そしてまた、ご利用者の皆様が、その時間を寛容なお気持ちでお付き合い下さったことに本当に感謝致します。

ハロウィン4.jpg


投稿者 hcgblog : 11:54 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2015年 11月 6日

「デイルーム藤井寺」をご利用の佐藤初男様 ぬり絵作品展

デイルーム藤井寺をご利用の佐藤初男様(57歳)は10年前に脳出血を患われ、右手が動きにくくなりました。その後左手でぬり絵を始められ、以来10年間ライフワークとしてずっとぬり絵を続けてこられました。そして現在、デイルーム藤井寺で作品展を開催しています。作品展を見せて頂き、佐藤様にお話を伺ってきましたのでご紹介します。

?P9180011-500.jpg

作品展では、10年前と7年前の作品を1枚ずつ、そして現在の作品を13枚展示しています。見比べると、作品の上達ふりは一目瞭然です。10年前は、図案も簡単で苦戦しながら塗っていたことがうかがえる作品です。現在は、図案も細かく色の濃淡など繊細な表現が美しい仕上がりの作品になっています。(下写真左側が10年前と7年前の作品、右側4枚は現在の作品)

?ぬり絵、昔と今.jpg

最近は「大人のぬり絵」がブームになっていてテレビでも取り上げられていますが、色々なぬり絵の本が出版されているようです。佐藤様はほとんどの本を購入されていて、現在「大人のぬり絵 京都の風景編」に取り組まれています。京都の素晴らしい景色、水辺に写り込んだ揺らぎのある風景、木々や空の美しさ...、素敵な絵ばかりです。左手だけで、塗りやすいように紙をうまく回転させては押さえながら塗るという事を繰り返されます。先のとがった色鉛筆で、しかも鉛筆を寝かすのでなく立てた状態で細い線で塗ります。

?ぬり絵に熱中.jpg

デイルーム藤井寺に来られる週3日は、リハビリや入浴以外の時間に、びっちり2時間他からの声が聞こえないくらいの集中力でぬり絵の世界に没頭されています。塗りながら次に塗る部分の色を考えていくそうで、塗っているときが一番楽しいそうです。どんな図案を塗ろうか、どんな色にしようか、ぬり絵は佐藤様の楽しいひと時で、今や生きがいとなっています。

?P9180001-500.jpg

パステル調の明るい色がお好きで、仕上がった作品からは佐藤様の優しい人柄がうかがえます。また、佐藤様の作品は大人気で、たくさんの方々にプレゼントされているそうです。次の写真は、佐藤様の最近の一番のお気に入り作品です。美しいですね!

?P9180023-500.jpg

若くして脳出血を発症され右半身マヒや言語障害の後遺症があり、大きなショックを受けたことは間違いありませんが、10年間継続してきたぬり絵が生きがいとなっていることをうれしく思います。思ってる言葉がなかなか出にくい場面もありましたが、根気よく取材に応じてくださり、本当にありがとうございました。息子様の帰宅時間が遅いので入浴は「デイルーム藤井寺」で済まされ、リハビリやぬり絵以外には、将棋、カラオケなども楽しまれています。
最後に、担当療法士の荒田との記念撮影と、「デイルーム藤井寺」の2階リハビリフロアに飾られている佐藤様の作品を紹介します。

?荒田さんと.jpg

投稿者 hcgblog : 12:29 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

デイルーム藤井寺  敬老祝賀会

デイルーム藤井寺のスタッフは、敬老の日(9/21)から3日間、"感謝"の気持ちをささやかながらこんなかたちでお伝えしました。(敬老祝賀会開催)

『おやじバンド』の皆さんによる演奏会(9/21)
敬老祝賀会1.jpg

デイルーム藤井寺のスタッフによる『デイ藤バンド』演奏会(9/22)
敬老祝賀会2.jpg

敬老祝賀会3.jpg

敬老祝賀会の3日間は、様々な催し物を楽しんでいただこうと、21日はボランティア『おやじバンド』の皆様による演奏会。22日はデイ藤バンドによる演奏会。23日はオカリナ・南京玉すだれボランティアの皆様による演芸会を開催しました。
また、突然大きな獅子舞も登場し、ご利用者もビックリ!獅子に噛まれると無病息災で幸せに暮らせるとの言い伝えがあることから、獅子舞の大きな口でガブリと頭を噛まれても、皆さんちょっぴり怖がりながらも喜んで下さいました。

敬老祝賀会4.jpg

敬老祝賀会5.jpg

そして、米寿・卒寿を迎えられたご利用者には、敬意を表して表彰式もさせていただきました。表彰されている時のご利用者の皆様はご立派で、とても大きく見え、スタッフも熱いものが込み上げてきました。ご利用者の皆様も表彰式では少し緊張され、感激のあまり涙ぐんで下さる方もいらっしゃり嬉しい限りでした。永年社会に貢献され、今の平和な日本を作りあげて下さった方々は私達の誇りです。いつまでもお元気でいていただきたいと願っています。

たくさんのボランティアの方々にもご協力頂き、敬老祝賀会を無事、開催することができました。有り難うございました。(お祝いの品の紅白まんじゅう)
敬老祝賀会6.jpg

投稿者 hcgblog : 10:01 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2015年 08月 3日

デイルーム藤井寺  社交ダンスパーティー

デイルーム藤井寺では、5月から月1回、社交ダンスのボランティアさんが来て下さっています。
ダンス DSCF1001.jpg

始まりは、あるご利用者の「社交ダンスを覚えて、楽しみながら体を動かしたいわ」との一言でした。
早速、ご利用者の願いを叶えるため、社交ダンスを踊れる職員がいないか、聞いて回りました。けれども、残念なことに社交ダンスを踊れる職員は見つからず・・・。
悩んでいると、ある職員から「知り合いに社交ダンスをしていて、色々な施設をボランティアで回っている方がいるよ」と、嬉しい情報が入ってきました。
すぐに連絡してもらうと、快く承諾してくださり、5月12日、記念すべき第1回社交ダンスパーティーの開催が決定しました。

ダンスA.jpg

ダンス a.jpg

男女2組4名の陵南の森の社交ダンスグループで、早速、社交ダンスを披露して下さり、ブルース・タンゴ・ワルツ・チャチャチャ・ルンバ・ジルバと、さまざまな種類の曲に合わせて踊って下さいました。社交ダンスの間に、カラオケも入り、1人ずつ素敵な歌声も聞かせて下さいました。
その他に社交ダンス体験の時間もあり、初心者向けのブルースの曲に合わせて、『(女性用)右足→左足→右足→左足揃える』といった感じで、はじめに少し基本ステップの方法をレクチャーして下さり、あとは男性がやさしくリードしてくれるので、今まで踊った事のない方でも、ステキに踊る事ができました。

ダンスB.jpg

ダンスE.jpg

第2回社交ダンスパーティーでは、ブルースの他にワルツの基本ステップの指導もあり、社交ダンス体験の時間が充実していました。ご利用者は、前に出て踊るのが少し恥ずかしいようで、第1回・2回とも、体験は少人数のみとなっていますが、素敵な衣装で踊っている姿を眺めているだけでも楽しんでいただけたようでした。カラオケが好きなご利用者は、「踊りも上手やけど、歌も上手やねえ」と、ダンスだけでなくカラオケの歌声にもうっとりと聞き惚れていらっしゃいました。
いつもは、活気あふれるリハビリルームですが、この日は、中央に広い空間のあるダンスホールに大変身。心地よい時間がながれる優雅でステキな空間になっていました。

ダンスD .jpg

ダンスC .jpg

念願の社交ダンスを体験して、「もっと、もっと踊りたい」「職員も覚えて一緒に踊ろう」と、元気あふれるご利用者をみて、とても嬉しく思いました。
今後も、お一人おひとりのご利用者の声に耳を傾け、満足していただけるデイサービスを目指して、楽しい企画をたくさんお届けしていこうと思います。

投稿者 hcgblog : 15:02 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2015年 07月 27日

デイルーム藤井寺にボランティア「出会の喜び」が来訪

デイルーム藤井寺に7月8日水曜日、ボランティアサークル「出会の喜び」の方が訪問され、腹話術・歌・マジック・どじょうすくい(安来節)を披露してくださいました。以前にもリハビリプラザ守口やリハビリプラザ門真でも歌や踊りを披露して頂き、その様子を営業所通信で配信したところ、デイルーム藤井寺のご利用者の方から「見てみたいなぁ」というお声があり、来ていただけることになりました。当日も始まる前から「マジック楽しみやねぇ」「もうすぐ始まるから早く行こう」など、とても楽しみにされているようでした。ボランティアの方も13時半開始のところ、2時間も前に来られ、入念に準備をされていました。

<腹話術・歌>
いたずら好きの人形「ゆうちゃん」と一緒に楽しいトークと歌を腹話術で披露してくださいました。手や目だけでなく眉などの細かいところもちょこちょこ動き、かわいらしい表情にご利用者も微笑まれていました。そして最後はご利用者も一緒に「北国の春」を歌いました。
デイ藤ボランティアブログ写真1.jpg

<マジック>
紙コップに入れた飲み物が紙テープに変化したり、筒に通したスカーフから花が出てきたり、何も入っていないはずの小さい箱から何枚ものスカーフ、だるま、首飾り、折り紙のすだれなど次々と出てくるさまは圧巻でした。マジックのレパートリーも豊富で、ご自分で考えたマジックもあるそうです。
デイ藤ボランティアブログ写真2.jpg

デイ藤ボランティアブログ写真3.jpg

デイ藤ボランティアブログ写真4.jpg

黒いレコードをケースにいれて黄・青・赤のスカーフでこするとレコードがこすったスカーフの色に!ご利用者からは拍手と驚きの声が上がりました。
デイ藤ボランティアブログ写真5.jpg

デイ藤ボランティアブログ写真6.jpg

<安来節>
ジェスチャーだけでなく、どじょうの人形を生きているように操ったり、マジックのように蛇が飛び出したり、オリジナリティー溢れるどじょうすくいでした。本来の安来節は道具を使わず踊りのみですが、老人ホームや幼稚園、自治会のイベントなどさまざまな場所を訪問されるので、どの人にもわかりやすいように工夫をされているそうです。
また、安来節のおどりの師範の資格をお持ちで、ボランティア歴は約27年!以前は安来節の大会に出場されるなど、踊りのプロとしても活躍されていましたが、現在は生徒さんに教える傍ら、月7回ほどボランティアとして活動されているそうです。
デイ藤ボランティアブログ写真7.jpg

「どじょうすくい初めて見たわ」「とても面白かった!」と、ご利用者の方々にはとても喜んでいただけたようです。ボランティアの方も、「真剣にじっと見てくださる方ばかりでとても緊張したけれど、また来たい。次回は本物の金魚を出すマジックやほかのものもぜひ見てほしい。」と笑ってお話されていました。
終わってからも、ボランティアの方と一緒に歌った「北国の春」を歌っておられるご利用者も。楽しいひと時を過ごして頂けたようでした。

投稿者 hcgblog : 10:57 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2015年 05月 21日

デイルーム藤井寺  春の川柳大会

この春、デイルーム藤井寺では、春をテーマにした川柳大会を開催しました。4/1から4/18の期間で川柳を募集すると、初めは、「そんなん難しいわ」「私こんなん苦手」「考えられるかな」などの声が多くありました。しかし皆さん、ご利用中だけでなく、お家でも真剣に考えてきてくださり、次のご利用日には、渾身の川柳をエントリーしてくれる方も多くいらっしゃいました。

DSCF0838.jpg

今年は、3/31から4/8の期間に、デイルーム藤井寺からの帰り道、お花見に行ったのですが、桜の開花時期に天気予報で雨マークがずらりと並んでいたので、「帰る時間までに雨がやみますように」と、みんなで祈って過ごしていました。見事に祈りが天に届き、帰る時間になるとピタッと雨が上がり、今年も無事、お花見に行く事ができました。帰り道の少しの時間でしたが、藤井寺市と羽曳野市の桜の名所へ寄り道をして、かわいい桜の花に癒された後、桜の花と一緒に記念撮影もできました。

お花見  A.jpg

IMG_0983.jpg

そんなお花見の後には、やはり桜の季節が浮かぶ作品が多くエントリーされていました。そして、4/20からの1週間では、応募総数32作品の中からご利用者とスタッフにお気に入りの川柳を投票してもらいました。本当に素敵な川柳がたくさんあり、投票する方々も「これいいな」「あっ!これもいいわ」「どれにしようかな」と、ひとつひとつの作品をじっくりと眺め、すごく悩みながら、投票に参加してくれていました。

投票.jpg

川柳のエントリーをされた方からは、「結果発表はいつあるの?」「表彰式はいつ?」と結果を心待ちにしている声も頂きました。そして待ちに待った投票結果の発表です!
今回は投票総数102票!!どの作品も素晴らしく、票の獲得数が僅差の争いとなりました。その中で見事に金賞・銀賞・銅賞に選ばれた川柳名人がこちらの方々です。
受賞された方々には、表彰式にて、表彰状を授与させて頂きました☆☆☆

表彰1.jpg

まずは、金賞に選ばれた3名のご利用者です。金賞おめでとうございます!!!

金賞

S・I様    満開の 桜の下で 手酌酒   

K・I様    チウリップ 我が家の庭を ひとり占め

M・T様    桜舞う 花トンネルの 帰り道

表彰(2).jpg

続いて、銀賞に選ばれた3名の方々です。銀賞おめでとうございます!!!

銀賞

Y様     デイからの 桜見物 春うらら

S・I様     花びらの 桜のじゅうたん 心地よさ

T・Kさん(職員) リハビリの 思いはひとつ 春よ来い

表彰3.jpg

そして、銅賞に選ばれた2名のご利用者です。銅賞おめでとうございます!!!

銅賞

M・I様    春に咲く 菜の花摘んで お漬物

H・T様    いつも飲む うまいお酒は 花の下

表彰4.jpg

ご応募いただいた32作品の全てが本当に素敵な作品で、読ませていただくだけで、春を満喫でき、素晴らしいひとときとなりました。川柳をエントリーして下さった皆様、本当にありがとうございました。そして、投票に参加して下さった皆様、ご協力ありがとうございました。また次回の川柳大会へのご参加も、お待ちしています♪♪

投稿者 hcgblog : 13:18 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2014年 12月 25日

デイルーム藤井寺 家族会

デイルーム藤井寺では、先月、11月28日(金)に「家族会」を開催しました。
コピーP1010356.jpg

デイルーム藤井寺の「家族会」は、少人数参加型で、毎年3組から5組の方々へお声を掛けさせていただいています。そして今回は、3組のご家族の皆様がご参加下さいました。まずは、職員の紹介からはじまり、お風呂場の見学と説明、そして曜日ごとの趣味クラブの紹介をさせていただき、各クラブに参加されている皆様の作品もご覧いただきました。
その後2Fへと移動して、ご利用者が、日々、熱心に取り組んでおられるリハビリの体験をされ、ご利用者の皆様の日々の頑張りを体感していただきました。
コピーP1010351.jpg

続いての、勉強会・相談会では、それぞれのご家族の思いや、ご家庭での様子などを伺いました。「夫婦2人だけの生活をいつまで続けていけるのか?と不安になる事もあるけれど、以前主人が倒れた時には、『私が付いていくわ!』と、ご近所の方が救急車に飛び乗ってくれ、親切なご近所さんに支えられて今の生活が続けられている」という心温まるエピソードを聞かせていただけました。他には、『家では座ったり寝たりしていることが多いので、食事を食卓へ運ぶお手伝いを頼んでしてもらっています』と、家庭内での役割を持ってもらうようにサポートされているご家庭や、物忘れをされた時に、奥様のアドバイスを素直に受け入れられているというお話を伺い、奥様とのコミュニケーションがしっかりと取られていて、信頼関係が強く築かれている事に感銘を受けました。
コピーP1010355.jpg

また家族会の間、ご利用者には、職員と一緒に1Fで、メッセージカードを作って頂きました。少し悩みながらも、メッセージを考えられ、折り紙でハート型などを作ってカードを飾りつけたりと、ご家族への日頃の感謝を込めて、一生懸命取り組んで下さり、カードの完成後は、プレゼントする時の練習もされていました。本当は、メッセージを読み上げてプレゼントされる予定でしたが、いざ本番になると、ちょっぴり照れてしまって読み上げる事は出来ませんでしたが、皆さん心を込めてプレゼントされました。1時間半の短い時間ではありましたが、ご家族の皆様との交流が深まった有意義な家族会となりました。

blog c.jpg

blog  a.jpg

blog  b.jpg

お忙しい中、ご参加下さったご家族の皆様、本当にありがとうございました。これからも、『快適をご利用者に安心をご家族に』お届けしていけるよう、日々努力をしていきます。

投稿者 hcgblog : 10:24 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2014年 06月 26日

デイルーム藤井寺で、ご利用者主催のお茶会を開催しました。

6月2日、デイルーム藤井寺でお茶会を開催しました。
お茶を点てて下さったのはご利用者の今井様です。
今井様は、40年以上もお茶を教えられていた茶道の先生で、以前にも一度、室内でお茶会を開いていただきました。
お茶会 1.jpg
そして今回は、屋外でお茶会を開くこととなりましたが、そのきっかけは、次は本格的なお茶席を楽しんでいただきたいという以前からの今井様の想いと、杖と手引きで歩行ができるまでに頑張られた今井様を皆様に紹介したいという療法士の2つの想いから生まれました。今井様は、普段は車椅子で過ごされているのですが、デイルーム藤井寺に来られている時は、療法士と一緒に本当に熱心に歩行練習に取り組まれていて、最初は平行棒一周で疲れていた練習が、今ではデイの玄関前の駐車場で、杖と手引きの屋外歩行練習をされるまでになりました。そしてお茶会が決まると、一か月前から足袋を履いて草履での歩行練習もされました。
お茶会 2 .jpg
当日は、ご自宅からデイの送迎車でお茶の道具を持ち込んでいただき、今井様の一番弟子に当たる方お二人もお手伝いに来て下さいました。立礼棚が組み立てられ、蛇の目傘には短冊や生花も添えられ今井様のお心づかいが感じられました。そして椅子に赤い毛氈がひかれると、デイルーム藤井寺の玄関前の駐車場はが忽ち素敵なお茶席に様変わりしました。

いよいよ次は、今井様のお着替えです。お弟子様が今井様の着物の着付けをされ、着替えられた今井様は、本当に着物がお似合いでとっても素敵でした。

お茶会 3.jpg
着物姿の今井様が、デイルームの玄関から出てこられ、車いすから立ち上がって療法士と共に歩きだされると、お茶席で座っておられたご利用者やスタッフから思わず大きな拍手が起こりました。皆様の優しさに包まれてのお茶会の始まりです。そして今井様は、草履でもしっかりとした足どりで、一歩一歩ご利用者の元まで歩まれて席に着かれました。屋外は少し蒸し暑かったですが、ピンと背筋が伸びた今井様のお姿はとても美しく、暑さも忘れるような風情溢れるお点前を見せていただけました。
お茶会 4.jpg
療法士やスタッフも着物に着替えてお手伝いし、普段とは違う雰囲気で皆様にお抹茶を、味わっていただきました。
お茶会 5.JPG
たくさんのご利用者がお茶会に参加して下さり、風流なお茶席の雰囲気を楽しむ賑やかなお茶会となりました。
お茶会 6.jpg
お茶会終了後は、スタッフやご利用者が今井様の元に集まり、『良かったね?』『良いお茶会だったね?』と言葉を掛けられ、お茶会が開催できたことを自分の事のように喜んで下さるご利用者もいらっしゃいました。
今井様の嬉しそうな笑顔と皆様と共に喜びあう光景に大変感動し、デイルーム藤井寺の皆様の優しさに心温まりました。
お茶会 7.jpg
帰宅されてからも「とても楽しかった。」「こんな楽しい事に参加出来てうれしかった。」等、わざわざお礼の電話を下さった方もいらっしゃいました。今井様からも『かねてから願っていたお茶会を開くことができてとても嬉しかった』と喜んでいただくことができ、大成功のお茶会となりました。


投稿者 hcgblog : 10:32 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2014年 02月 26日

デイルーム藤井寺 認知症をテーマとした地域交流会

デイルーム藤井寺では、平成26年2月16日(日)に「認知症をテーマとした地域交流会」を開催いたしました。認知症勉強会では、地域の皆様に「認知症ケア」について少しでもご理解いただきたいと考え、認知症の種類と特徴、行動障害と心理症状、早期発見、地域で認知症の方を支えることなどについて学んでいただきました。
デイルーム藤井寺地域交流会1.JPG
デイルーム藤井寺は開設して10年目となる、藤井寺市でも「老舗」に当たる施設です。ご利用者にも、ご利用から10年目を迎える方が数多くおられます。
今回「地域交流会」を開催するに当たり、「認知症をテーマとした取り組み」に対して、地域の皆様との交流会や意見交換会に対する期待の声も多く、藤井寺市役所の高齢介護課の職員さんからは「デイルーム藤井寺は認知症を患っている方の受け入れもしっかり行っていることは知っています。ご存じの通り、藤井寺市は全国の市の中で5番目に面積が小さい市です。今後、認知症の方々が増える中、まだまだ受け入れ可能な施設が少ないのが現状です。今後もデイルーム藤井寺さんに頑張っていただきたい。」とのお言葉をいただきました。
自治会の役員様は「地域交流会の案内チラシがあれば地区で回覧板を回してあげるよ。」と、わざわざデイルーム藤井寺までチラシを取りに来てくださりました。自治会役員様のお心遣いに心から感謝致します。
また、近隣の方々へ案内のチラシを配って回った際には「私も、歳を取ったらデイルームさんにお世話になろうと思っているのよ。」「大変なお仕事ですね。」「いつも、元気いっぱいの声が聞こえますよ。」「お父さんがデイルームさんにお世話になったのよ。」「認知症勉強会に興味があります。」などの温かいご意見や優しいお言葉をたくさんいただきました。
デイルーム藤井寺地域交流会2.JPG
誰もが安心して暮らせる「高齢化社会」を創ることは、地域の皆様のご協力やご理解があって成し得ることと考えております。今後も継続的に様々な形で「地域交流会」を進めていきます。デイルーム藤井寺は地域に根差した「地域密着型施設」を目標に、地域の中での役割を担うことを使命としています。私たち介護や医療の専門職が「在宅介護」を通して、少しでも地域の皆様の一助となれば幸いです。
デイルーム藤井寺地域交流会3.JPG
今回、お忙しい中ご参加いただいた地域の皆様にはスタッフ一同、心より感謝申し上げます。

管理者 阪上 貴美

投稿者 hcgblog : 18:07 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2013年 06月 28日

デイルーム藤井寺とご利用者のエピソードのご紹介

デイルーム藤井寺は作業療法士・理学療法士が従事しており、ご利用者の身体状況に応じてリハビリメニューを作成しています。また、下肢筋力等が低下し歩行や立ち座り動作が困難な方へは、体調に合わせてリハビリ機器を使用しての体力作りや筋力UPトレーニングを行っています。
リラクゼーションや膝や足腰の痛みを緩和させることを目的に、あん摩マッサージ師によるサービス提供も行っています。
1あん摩マッサージ師.JPG
また、現在、認知症の方々へは認知障害の程度に応じて、機能回復や維持、少しでも生活上の障害が改善できることを目的に「読み・書き・計算」等の学習療法や回想法・音楽療法・リズム体操などを取り入れ、心身活動の向上に努めることで脳の活性化に繋げ「認知症のある方に、その人らしい生活を送っていただけるよう」取り組んでいます。
2回想法.JPG

<身体に障害のあるAさんのリハビリエピソード>
10年前に脳出血で倒れ、後遺症として右半身に重度の麻痺が残りました。長い間、「歩く」ことを諦めていたAさん。再度、本人やご家族の意向を確認し、理学療法士や作業療法士、介護職員等の専門職が関わり「歩く」ことへのリハビリテーションを再開しました。
3ご利用者.JPG
現在は平行棒内での歩行訓練を実施しており、自らの力で歩かれています。本氏自身「杖で歩くこと」が大きな力となり、目標となっています。

投稿者 hcgblog : 17:37 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ