2017年 05月 2日

平成29年度 新人研修・新卒者宿泊研修

4月3日(月)、平成29年度新卒者の入社式が行われました。入社後の研修の流れなどについて説明した後、ハートケアグループ代表から激励の言葉がありました。

新人研修・新卒者宿泊研修1.jpg

その後3日間、26名の新入社員が揃い本社にて新人研修が開催されました。新人研修は、会社理念や社訓、ハートケアグループのあゆみ、介護保険制度や人権、コンプライアンスなど幅広い分野の講義となりました。また、代表や役員との「座談会」もあり、新入社員からは「これからのハートケアグループの"歴史"を創る一人の職員として頑張っていきたい」「"快適をご利用者に、安心をご家族に"のモットーを忘れずに配属先でのご利用者との関わりを積み重ねていきます」など、とても前向きな言葉を聞くことができました。

新人研修・新卒者宿泊研修2.jpg

そしてその後、ハートケアグループでも初の取り組みとなる、総合職として採用された新卒者の宿泊研修が始まりました。
行先は大阪府青少年海洋センター。大阪府の南端、泉南郡岬町淡輪に青少年の健全な育成を図るため公の活動施設として設置されています。大阪湾を一望でき、「関西国際空港」「淡路島」「明石海峡大橋」「六甲山」を望むことができます。当日は残念ながらお天気がすぐれず遠くまで眺めることはできませんでした。

新人研修・新卒者宿泊研修3.jpg

初日の研修では、「地域を知る」ことを目的に、岬町・淡輪周辺の介護施設を巡り、同時に地域の情報を集めてまわりました。ここでは、インターネットは使わず、自分たちの足で歩き、見て、聞き、感じ、考えました。想像以上に介護施設が多かったこと、海と山に囲まれたこの土地で高齢者がどんなふうに生活をされているのか、など興味深く話す様子が伺えました。
その後、雨風のため予定していたキャンプファイヤーは中止になりましたが、バーベキューと親睦会を楽しみ、夜遅くまでクイズや音楽で盛り上がりました。

新人研修・新卒者宿泊研修4-6.png

次の日は海水を汲み、「塩作り」「豆腐作り」に挑戦しました。同じものを作るにも、それぞれの個性が見られました。"じっくり丁寧に派""質より量派"など、物を創りだす工程の中で、原価や手間、見栄え、生産量を考え、おもしろおかしく"会社"や"経営"についての話にもなりました。

新人研修・新卒者宿泊研修7-8.png

参加者からは「年齢や立場に関係なく楽しめた」「普段の生活で体験できないことができた」「親睦を深めるにはとても良い研修だった」と感想を聞いています。初めての試みということでまだまだ改善するべき点もたくさん見られましたが・・・。

新人研修・新卒者宿泊研修9.jpg

今回の研修を終え、新入社員の物事に対する考え方や取り組む姿勢、慣れない雰囲気の中でもたくさん見せてくれた笑顔など、私自身、新入社員からワクワクする気持ちをたくさんもらいました。これからの彼、彼女たちが本当に楽しみです。

新人研修・新卒者宿泊研修10.jpg
教育研修部 岩本美香

投稿者 hcgblog : 09:31 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2015年 06月 18日

ハートケアグル―プ 有料施設職員勉強会を開催しました

「専門職である自分を振り返る」をテーマに、平成27年4月30日(木)、ハートケアグループの高齢者住宅、有料老人ホームの職員合同で勉強会を開催しました。
ハートケアグループでは、ご入居者の「生活の質の向上」「サービスの標準化」のために、毎月会議を開いていますが、今回さらに『職員のスキルアップの為に勉強会を開こう!』と施設長全員の熱い思いから勉強会を開催しました。

勉強会 1.jpg

今回の勉強会では、「もう一度専門職としての自分を振り返り、見つめ直してもらうこと」を目的としていました。普段私たちが行っているケアが本当に適切なケアであるかどうか?専門職としてご利用者の尊厳を重視したケアが行われているかどうか?を振り返り、ご利用者の「生活の質の向上」に繋がるような勉強会にしようと施設長全員で内容を検討し、準備を始めました。
勉強会では、まずは施設長が寸劇を行い、その内容が「適切なケア」なのか「不適切なケア」なのかをグループワークで意見を出し合い「不適切なケア」を適切にするにはどのような対応をすればいいのかを考えました。

勉強会2.jpg

勉強会3.jpg

勉強会4.jpg

勉強会当日は、職員が5人から6人のグループになり自施設のご利用者を思い浮かべながら熱心に話し合い、たくさんの意見が出ました。

勉強会5.jpg

一見適切に思えるケアの中にも「ご利用者の尊厳は、守られているのか?」「ご利用者の立場に立って寄り添えているのか?」をポイントに再度話し合い、気づける題材を選びました。
そして、「ご利用者のその人らしさ・・尊厳を損ねる要因とは何か?」を考えようと、講義形式で学びました。

勉強会6.jpg

今回の勉強会を通して、入浴介助、食事介助、排泄介助は、介護の中の一部であり、それだけが介護ではなくご利用者を受容、共感し、寄り添える事が専門職として必要であること。「自分や自分の家族がご利用者の立場なら・・・」と常にご利用者の立場になって考え、安心して頂ける介護を提供することが大切であること。を参加者全員で改めて認識しました。
 勉強会の感想では、「初心に戻り頑張ります」「決意を持ってこの仕事に従事していこうと思いました」「常に自分だったら・・人として・・を頭において接するべきだと感じました」
「それぞれに寄り添い対応したいと思います」など、この勉強会の目的である、自分の介護を振り返り、見つめ直していました。

勉強会7.jpg

最後に「快適をご利用者に安心をご家族に」をモットーに頑張ります!!と職員全員で宣誓し、勉強会を締めくくりました。
ご利用者の全てを受容し、個々に応じたケアを行い、専門職として寄り添えるよう今後も勉強し、「快適」「安心」を提供出来るよう努めたいと思います。


投稿者 hcgblog : 13:46 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2014年 07月 8日

ハートケアグループの新人研修開催(4月)

ハートケアグループでは「快適をご利用者に 安心をご家族に」をモットーとし、入社時からそれぞれの専門職が一体となって5日間の新人研修を行い、会社方針に基づく計画的・発展的な研修体制を整備しています。平成26年4月の新人研修は、4月21日(月)?25日(金)の5日間のプログラムで開催し、26名の職員が参加しました。事務職・介護職・専門職を問わず、ハートケアグループに入社した職員全員が参加対象となっています。また、この5日間の新人研修は、3ヶ月毎に年4回開催しております。
新人研修1.jpg

新人研修の内容は、
・会社理念・事業方針や社内規定について
・ハートケアグループが目指す介護事業について
・介護保険制度・コンプライアンス
・介護技術の知識と演習
・感染症対策の基本知識
・障がい者総合支援法 
・ビジネス・接遇マナー
・AEDの取扱い         
等です。

参加した職員からは、「会社方針や取り組み等を詳しく知ることが出来て良かった」「普段は違う営業所配属の同期たちと話す機会がないので、研修会に参加して同期たちと話が出来て良かった」等の感想が上がっていました。
新人研修2.jpg
演習では、介助する側だけでなく介助される方の立場にもなれるので、「今後の現場で活かしていきたい」「身をもって気を付けなければいけない点を確認することができた」とご利用者の気持ちに少しだけ近づく事が出来たのではないでしょうか。
新人研修3.jpg
5日間の研修でしたが、事業所も職種も違う中、業務を調整し参加した新人職員にとって、意義のある研修会になったことと思います。
新人研修4.jpg
ハートケアグループの職員としての活躍を期待し、今後も意義ある新人研修を続けていきたいと思います。

投稿者 hcgblog : 10:07 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2014年 04月 4日

NPO法人ケア・ユニゾン合同研修会 転倒予防につながる「棒体操研修会」開催

平成26年3月12日(木)パープルホール本館にて「棒体操研修会」を開催しました。当日は、関西福祉科学大学の准教授で作業療法士の横井賀津志先生を講師にお招きし、46名の職員が参加いたしました。
棒体操研修会1.JPG
棒体操は、新聞紙という身近な素材を用い、投げる・受け取る・回転させるなどの動きを利用して、バランスを崩した状態が豊富に体験できるよう工夫されていますので、転倒予防につながります。
棒体操研修会2.JPG
研修会では、棒体操の知識を深める為の講義の後、自分で新聞紙を丸めて棒を作り、どういった効果が期待できるか、実際に体を動かし体験しました。
棒体操研修会3.JPG
≪参加者の声≫
・棒体操は手軽に楽しみながらできる体操なので、自宅でも家族と一緒にやってみたいと思いました。
・棒体操でイメージを膨らませる事によって、転倒時に、とっさに何かをつかむ為のトレーニングになるというのは、とてもいい事だと思いました。
・棒を取り損ねる時のバランスの崩れを体験するのも大切だという事がわかりました。
・講師の話が分かりやすかったです。棒体操は楽しく、ご利用者だけでなく私達にも良い体操だと思いました。
・『失敗体験』が転倒予防につながるという事は、高齢者のやる気を失わせないのでとても良いと思いました。
棒体操研修会4.JPG
皆さん次の日には事業所で即実践されていました。

投稿者 hcgblog : 17:55 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2013年 09月 24日

虐待予防と人権に関する研修会

ハートケアグループでは、 昨年度に引き続き "虐待予防と人権に関する研修会(年4回開催予定)"を会社全体で取り組んでいます。

虐待1.JPG

昨年度の研修会では『虐待予防と人権に関する5か条』を掲げました。

一.私たちは、利用者様に安心感を与えられる職員を目指します。
一.私たちは、利用者様のありのままの姿を受け入れ、寄り添える職員を目指します。
一.私たちは、思いやり・愛情を持って接することのできる職員を目指します。
一.私たちは、利用者様一人一人に合った応用の利く職員を目指します。
一.私たちは、謙虚さ・笑顔・誠実さ、初心を忘れない職員を目指します。

この5か条を目標とした、今年度第1回目の研修会を9月12日に開催しました。虐待はどのようなところからおきているのか?介護を受けておられるご利用者やご家族のケアについて取組みました。

虐待2.JPG

参加者は、事例から家族の心理・ご利用者の心理について考え、取組みや課題をみつけていました。
近年、暴力や介護放棄などによる高齢者虐待の問題が増えています。ハートケアグループでは、今年度も虐待予防対策に向けた対応力の向上を職員全体で学んでいけるよう、より良い研修会を開催していきたいと考えています。

投稿者 hcgblog : 13:25 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2013年 09月 20日

産業医合同研修会「介護に役立つ薬の知識について」

産業医合同研修会「介護に役立つ薬の知識について」を開催し、ハートケアグループ産業医 植田ドクターに講義をいただきました。
産業医研修1.JPG
研修内容としては薬の服用の仕方や正しい飲み方、副作用、薬疹等について2回シリーズで開催し、大盛況の研修会となりました。
産業医研修2.JPG

ここで、研修であがったQ&Aをご紹介したいと思います。

Q.予防のために風邪薬を飲んでもよいですか?
A.いけません。風邪薬はかぜ症状を緩和する成分が入っていますが、予防効果はありません。

Q.カプセルの中身を出したり、錠剤を砕いて飲んでもよいですか?
A.効果が減ります。カプセルや錠剤は飲みやすくする目的のほかに胃や腸など目的の場所で溶けるような工夫がされている場合があり、吸収される前に効果がなくなるリスクがあります。

皆さんも、薬の服用の仕方にはくれぐれもご注意くださいね!

投稿者 hcgblog : 16:40 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2013年 07月 2日

メディケア・リハビリ訪問看護ステーション 喀痰吸引研修会のご報告

1喀痰吸引勉強会.jpg
6月24日、大阪南営業所にてメディケア・リハビリ訪問看護ステーションの勉強会を開催しました。吸引シュミレーターを使用した実技形式で、弊社の訪問看護部の看護師が講師となり、療法士の喀痰吸引の知識・技術の向上を目的に行いました。
2喀痰吸引勉強会.JPG
『声かけ』の重要性や機器の取扱い方法、ご利用者の負担軽減等について学ぶことができました。このような演習は、今後も継続的に行う予定にしています。
3喀痰吸引勉強会.jpg

投稿者 hcgblog : 09:30 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2013年 07月 1日

「よりよい接遇・マナー研修会」のご報告

平成25年6月21日(金)、行動規範に係る研修会「よりよい接遇・マナー研修会」を開催し、60名の方々が参加され大盛況の研修会となりました。
毎年、参加者を引きつけるような話し方や表情で講師をしてくださいます。講師は、有限会社レイズ 増田知乃氏です。
接遇マナー1.JPG
今回の研修内容は「ホスピタリティを介護に」職場内で生じるコミュニケーションの歪みや価値観・感性の違いから生じる対応を含めチームがひとつになるための"相互承認""私メッセージ"などを介護現場の実例をふまえてご講義頂きました。参加された方々は日頃の自身の光景を思い浮かべながら、熱心にロールプレイングに取り組んでおられました。
接遇マナー2.JPG
アンケートでは、「増田先生の話し方・進め方・実例をふまえた話はイメージしやすく、3時間の研修があっという間でした」「明日から学んだことを会社で実践していきます」との前向きな感想が多く、すごく良い研修会となりました。来年度も、充実した研修会が開催できるよう取り組んでいきたいと思います。

投稿者 hcgblog : 10:10 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2013年 06月 20日

『心肺蘇生・AED取扱い研修会』を開催しました

平成25年6月14日(金)、門真営業所にて『心肺蘇生・AED取扱い研修会』が開催されました。
心肺蘇生1.jpg
参加者は21名で、当グループ内の看護師2名が講師を務めました。
実際にAEDシュミレーター機器を使用し、緊急時に救急隊が到着するまでに行う心肺蘇生や救命処置等を学び、介護職員としての心構えを学びました。
参加者からは、『何度でも学ぶことでより深い理解ができるし、蘇生の演習は毎回行いたい!!』との声や『緊急時に専門職として対応できるよう、積極的に参加していきたい』等の声が多く聞かれました。
心肺蘇生2.jpg
8月には、当グループ法人(NPO法人ケア・ユニゾン)主催の、柏羽藤消防署の救急隊員さんによる『普通救命救急3時間講座』も予定しています。
心肺蘇生3.jpg

投稿者 hcgblog : 14:38 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ