2014年 06月 20日

リハビリプラザ美原「男の料理教室!」

デイセンターリハビリプラザ美原で『男の料理教室』を開催しました。このイベントは、リハビリプラザ美原の木曜日の午前のご利用者に男性が多く、「このまま一人になったらなんもでけへんなあ」という少し淋しい会話から生まれました。
男の料理教室1.jpg
第1弾のメニューは、北海道・漁師の料理とも呼ばれる"チャンチャン焼き"。鮭・豚・大盛り野菜を男性利用者のみで切ったりさいたり炒めたり。お味噌やお酒、みりん等のあわせ調味料も作って下さいました。脳梗塞により片麻痺のある男性ご利用者2名も、「わしらなんもでけへんわ」と言いながらも、ご自身のできる"仕事"を見つけられ、大量のきのこ類を最後まで丁寧に割いて下さいました。
他のご利用者も「包丁持つの初めてや!」「わし、レンジの使いかたも知らんわ」など、「いかに普段奥様に甘えているのかを思い知る」と、少し"のろけ"も入って笑顔で会話しながら調理されていました。
男の料理教室2.jpg
そしてあまりにお天気がよかったので、急きょ裏庭でバーベキューとなりました。自然に囲まれ、ご利用者が一生懸命に作ってくださったチャンチャン焼きを、スタッフと女性利用者はとてもおいしく頂きました。
男の料理教室3.jpg

その後、他の曜日のご利用者より「僕らもやりたい!!!」との声が上がり、「第2弾男の料理教室 パティシエ編」が開催されました。メニューはスイーツの王道"イチゴのショートケーキ"。みなさんとても真剣なまなざしでスポンジに向かい、生クリームとイチゴのデコレーションに挑まれました。
男の料理教室4.jpg
完成したケーキの中から、大きなイチゴがゴロゴロとでてくること。とても贅沢なケーキとなりました。「ケーキってこんな段取りでできてんかいな」「これはわしでもできるから孫に教えたろ!!」など、ケーキも流れる時間も、甘いものとなりました。
男の料理教室5.jpg
今回、ご利用者の姿を見せていただき、「逃げず、挑戦し、可能性をみつけ、達成することの素晴らしさ」、そしてその中で喜びをも見出される姿に、私たちスタッフも勇気を頂きました。
本当にありがとうございました。
男の料理教室6.jpg

投稿者 hcgblog : 13:36 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2014年 06月 19日

リハビリプラザ美原で「介護保険事業所交流会」を開催しました

6月8日(日)、堺市美原区を中心に堺市東区も含めた「介護保険事業所交流会」が開催されました。今回の会場は"デイセンターリハビリプラザ美原"。デイ敷地内にてバーベキューを楽しみながら、居宅介護支援事業所、通所介護事業所、福祉用具レンタル事業所、訪問入浴事業所など、総勢約40名の方が参加されました。
事業所交流会1.jpg
時間が経つにつれお酒も進み、初めてお会いした方とも話が膨みます。そんな中、他事業所の地域への思い、ご利用者への思い、事業所同士の関わり方・熱意を聞き、私達もまだまだだなぁと感じさせられました。けれど、そういった事業所の集まりであるこの土地で連携し、働けることに誇りをも感じる、そんな時間でもありました。
事業所交流会2.jpg
リハビリプラザ美原が事業所を構えるこの美原区で、これからも地域の皆様と良い町作り、元気な町作りができるよう取り組んで参りたいと思います。
今後ともよろしくお願い致します。
事業所交流会3.jpg

投稿者 hcgblog : 18:42 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2014年 01月 28日

リハビリプラザ美原でハンドベルのコンテストに参加しました

デイセンターリハビリプラザ美原では、日本ミュージックベル協会が主催する「ミュージックベル合奏コンテスト・シニアの部」に参加しました。参加にあたり、スタッフ一同、貴重な経験をさせていただくことになりました。
ハンドベル1.jpg
参加することになったのは、ハンドベルを購入し封をあけたところ、中にコンテストの応募パンフレットが入っていたことがきっかけです。それを見てご利用者に「目標とやりがい、達成感」を味わっていただくことができるのでは、と思い取り組むこととなりました。
ハンドベル4.jpg
リハビリプラザ美原は午前午後の2部制となっており、ご利用者がデイサービスで過ごす時間は約3時間半です。限られた時間の中での練習でしたので、正直結果としては難しい出来栄えかもしれません。しかし、応募に至るまでに私たちスタッフはご利用者からたくさんの感動を頂きました。高齢というだけでなく、視力障害、片麻痺、認知症、さまざまな疾患を抱えた利用者が、強制ではない中で参加してくださいました。ハンドベルを持ち、模造紙に描いた楽譜を真剣なまなざしで追い、自分の音を作り出してくださいました。
「これやったら片手しか動かんけどできるなぁ」「どうやったらかっこええ音がでるんやろ」「家で練習するから楽譜写真にとってちょうだい」「私がおらなひとつの曲にならへんもんなぁ?、休まれへんわ」など、一人ひとりが自分のできる精一杯を私たちスタッフに見せて下さいました。審査用ビデオの撮影日にはいつもよりきれいにお化粧をされ、良い緊張感の中カメラを前にされた方もいらっしゃいました。
ハンドベル2.jpg
正直、今回は審査や賞が目的ではありませんので、コンテストの趣旨とは違うかもしれません。けれど、ご利用者の皆様が今回このような社会参加をされたことで、私どものデイサービスには笑顔があふれました。私たちスタッフに感動を与えてくださったご利用者皆様に心より感謝いたします。誠にありがとうございました。

ハンドベル3.jpg

投稿者 hcgblog : 19:11 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ