2014年 02月 28日

『メディケア・リハビリ訪問看護ステーション京都』開所式を行いました

2月1日、京都市伏見区に『メディケア・リハビリ訪問看護ステーション京都』を開設いたしました。知名度の低い地域への新規出店で不安もありましたが、開設以来、順調にサービス提供の相談や新規利用のご依頼をいただいております。
京都開所式1.JPG
2月19日には開所式を行い、地域のケアマネジャーに弊社の訪問看護ステーションの事業内容や訪問看護・訪問リハビリとはどのようなサービスか、といった内容を説明いたしました。参加された方は、熱心にサービスの利用方法などについて話を聞いてくださいました。
京都開所式2.JPG

以下、営業所長からのコメントです。

私は京都出身であることと、京都でも訪問リハビリのニーズが高いということもあり、6年前から一人で京田辺市を中心に訪問リハビリを提供してきました。この度、ステーションを開設したことによって、看護とリハビリが一体となってサービスの提供が行えるようになりました。
現在、京都営業所には看護師3名、作業療法士1名、理学療法士1名が在籍しています。地域ケアに対して熱い思いを持った看護師や療法士ばかりです。専門職としての知識や技術、人柄とチームワークでご利用者に安心して生活していただけるように日々精進していきます。
2月からの開設は楽しみと不安が半分半分でしたが、初日より、早速ご利用者の状態相談や訪問リハビリの依頼があり、嬉しく思っています。地域の方々のニーズを汲み取り、そのニーズに応えていけるような営業所、地域の方々に対して『顔が見える営業所』にしていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。

メディケア・リハビリ訪問看護ステーション京都 営業所長 高村幸太
京都開所式3.JPG

投稿者 hcgblog : 10:24 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2014年 02月 26日

デイルーム藤井寺 認知症をテーマとした地域交流会

デイルーム藤井寺では、平成26年2月16日(日)に「認知症をテーマとした地域交流会」を開催いたしました。認知症勉強会では、地域の皆様に「認知症ケア」について少しでもご理解いただきたいと考え、認知症の種類と特徴、行動障害と心理症状、早期発見、地域で認知症の方を支えることなどについて学んでいただきました。
デイルーム藤井寺地域交流会1.JPG
デイルーム藤井寺は開設して10年目となる、藤井寺市でも「老舗」に当たる施設です。ご利用者にも、ご利用から10年目を迎える方が数多くおられます。
今回「地域交流会」を開催するに当たり、「認知症をテーマとした取り組み」に対して、地域の皆様との交流会や意見交換会に対する期待の声も多く、藤井寺市役所の高齢介護課の職員さんからは「デイルーム藤井寺は認知症を患っている方の受け入れもしっかり行っていることは知っています。ご存じの通り、藤井寺市は全国の市の中で5番目に面積が小さい市です。今後、認知症の方々が増える中、まだまだ受け入れ可能な施設が少ないのが現状です。今後もデイルーム藤井寺さんに頑張っていただきたい。」とのお言葉をいただきました。
自治会の役員様は「地域交流会の案内チラシがあれば地区で回覧板を回してあげるよ。」と、わざわざデイルーム藤井寺までチラシを取りに来てくださりました。自治会役員様のお心遣いに心から感謝致します。
また、近隣の方々へ案内のチラシを配って回った際には「私も、歳を取ったらデイルームさんにお世話になろうと思っているのよ。」「大変なお仕事ですね。」「いつも、元気いっぱいの声が聞こえますよ。」「お父さんがデイルームさんにお世話になったのよ。」「認知症勉強会に興味があります。」などの温かいご意見や優しいお言葉をたくさんいただきました。
デイルーム藤井寺地域交流会2.JPG
誰もが安心して暮らせる「高齢化社会」を創ることは、地域の皆様のご協力やご理解があって成し得ることと考えております。今後も継続的に様々な形で「地域交流会」を進めていきます。デイルーム藤井寺は地域に根差した「地域密着型施設」を目標に、地域の中での役割を担うことを使命としています。私たち介護や医療の専門職が「在宅介護」を通して、少しでも地域の皆様の一助となれば幸いです。
デイルーム藤井寺地域交流会3.JPG
今回、お忙しい中ご参加いただいた地域の皆様にはスタッフ一同、心より感謝申し上げます。

管理者 阪上 貴美

投稿者 hcgblog : 18:07 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ