2014年 11月 27日

「ケアホーム長吉」内覧会開催!192名が来場!

12月1日のオープンに向け「ケアホーム長吉」の内覧会を、11月20日から24日に開催しました。天候に恵まれ地域のケアマネジャーや地域包括支援センターの方々、利用をお考えの一般の方やご近所の方々などたくさんの皆様が来場くださいました。その内覧会の様子とケアホーム長吉の概要を紹介します。
?P1270214.jpg

?玄関-500P1270095.jpg

まずは、居室、浴室、フロアなどの施設内を見学していただきました。
?居室P1270046.jpg

?居室2P1270197.jpg

?浴室P1270125.jpg

その後、ケアホーム長吉の調理を委託している「浅田給食」が準備したビュッフェ形式の食事を召し上がっていただきました。なすの煮物、なますなど高齢の方に喜んでいただける小鉢や、炊き込みご飯、吸い物なども皆さんからおいしいと好評でした。嚥下が困難な方にも楽しんで食べていただけるプリン食もあり、素材の味を大切にしたおいしい食事を用意してくださいました。

?食事P1270158.jpg

?プリン食DSCN0627.jpg

また、併設の通所介護にはJ-サーキット株式会社のJ-マシンを導入しています。J-マシンの開発者とインストラクターの応援もあり、来場者は、説明を聞きながら楽しくJ-マシンの体験をされました。J-マシンは、身体にやさしい油圧式で、関節に負担をかけずその人に応じたペースで運動ができ、筋力をつけ姿勢改善や転倒防止の効果があります。実際に体験したところ、マシンの動きはなめらかで、肩甲骨が広がりとても気持ち良かったです。そして、血行が良くなりぽかぽかしてきました。

?J-サーキット.jpg

その後は、個別に質問等を伺いました。
?個別相談P1270121.jpg

内覧会は、192名が来場され大盛況に終えることができました。現在7名の成約もあります。12月1日のオープンを楽しみにしています。


投稿者 hcgblog : 13:58 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2014年 11月 21日

第1回メディケア・リハビリ地域講座

去る11月12日にメディケア・リハビリ訪問看護ステーション京都にて「第1回メディケア・リハビリ地域講座」を開催いたしました。第1回の講座のテーマは「嚥下機能について」「栄養視点からのサルコペニア対策」です。地域のケアマネジャーや医師、ヘルパーの方々40名以上にご参加いただき、大変盛況でした。
地域講座1.jpg

第一部の講師はメディケア・リハビリ訪問看護ステーション京都に在籍する言語聴覚士の高田が務め、「嚥下機能について」をテーマに講演いたしました。
地域講座2.jpg

食べ物の量や形状の認識、食べ方の判断から、口に入れ、咀嚼し、飲み込んで胃へ送るまでの一連の流れである嚥下5期(認知期・準備期・口腔期・咽頭期・食道期)の話題を中心に、それぞれの時期に起こる疾患とその症状を、ペットボトルを食道に見立てるなどして説明いたしました。
またその中で、参加者の方々には飲み物を飲まずにクラッカー4枚を口に含んで飲み込んでいただいたり、舌を使わずにお茶を飲んでいただいたりなど、擬似的な嚥下障害を実際に体験していただきました。中にはムセておられる方も複数おり、普段私たちが何気なく行っている「食べる」「飲み込む」といった行為が実はとても複雑な動作の組み合わせで成り立っているのだということを実感しました。
この嚥下5期は、1つの「期」だけの障害を持っていることは稀で、多くは複数の「期」の障害を持っている場合が多いそうです。その複数の障害を総合的に評価し、代償手段・訓練の検討を行うことが言語聴覚士の仕事の一つでもあります。
そのほか、上記の嚥下5期以外にも、食事の際の姿勢やとろみの付け方、評価についてもお話させていただきました。
地域講座3.jpg

第二部では株式会社クリニコ様をお招きし、「サルコペニアについて」をテーマにご講演いただきました。
サルコペニアとは、高齢または栄養不足によって筋肉の量が減少していく現象のことで、立ち上がりや歩行が段々と億劫になり、放置すると歩行困難になってしまう場合もあるそうです。
この日は、サルコペニアを予防するため、筋肉や骨、臓器の元となるたんぱく質、その中でも必須アミノ酸、特にバリン・ロイシン・イソロイシン(BCAA)を中心にお話いただきました。
このBCAAを摂取することによってサルコペニアだけではなく、低栄養や肝疾患、COPD(慢性閉塞型肺疾患)の予防にもつながるそうです。
また、高齢の方は若年層に比べてタンパク質の合成量が少ないため、量は勿論、質の良いものを摂取することがサルコペニア予防のポイントになるのだそうです。

講演後は、クリニコ様の嚥下食や栄養食などの製品試食会も行い、当訪問看護ステーションと近隣の居宅、病院だけでなく、居宅同士、病院同士の交流の場ともなりました。
今後も第2回、第3回とより良い内容の地域講座を開催していきたいと思います。

投稿者 hcgblog : 10:28 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2014年 11月 19日

『介護の仕事とは?』職業体験学習に向け中学生に講演

近年中学生の職業体験学習が盛んに行われています。「様々な仕事について働いている人からの話を聞き、自分の進路を考えるきっかけにする」という事で、ハートケアグループにも数年前から地元の中学校から講演依頼があります。今回は藤井寺市の道明寺中学校です。10月21日(火)に訪問すると、当社の他に、幼稚園、新聞社、ハローワーク、美容師の方々が来られていました。180名の2年生を5つのクラスに分け、5社が担当クラスで講演をするという形でした。

「おじいちゃん、おばあちゃんと同居してる人はいますか?」という質問に「はい」と答えた生徒さんはクラスで3人だけでした。日本は超高齢化社会ですが、核家族化が進み子供達は高齢者と関わる機会が少ないのが実態なのかもしれません。
そんな生徒さん達に、限られた時間でどこまで伝えることができるのか不安ながらも講演はスタートしました。

P1250998-500.jpg

P1280001-500.jpg

病気や障害、そして年を重ねることで生活のしにくさがある方々に、その解決を一緒に考え、方法を見つけ出し、全部手伝うのではなく自分でできるように支援するのが介護の仕事だということ。支援方法の正解はひとつではなく、考える力も付き、自分も人間として成長できること。身体が不自由になっても意欲を持つ事が大切で、目標があれば人は前向きに進むことができ、その意欲を引き出してあげるのも介護の大事な仕事であること。また、働く上で大事なことは、相手を受け入れ、心の声を聴くことで、それをせず自分の考えを押し付けるのは無理なこと。相手が仕事仲間であっても、介護する相手であっても、人と接するときのルールであり、コミュニケーションが一番大事なこと。などということを説明しました。
そして、「介護の仕事ってどんなイメージですか?」と質問すると、「しんどい」「たいへんそう」という声が上がりました。世間でもそのように言われていますが、生きがいを感じて頂けるよう、お一人おひとりに向き合って支援できると、大きな喜びややりがいにつながる仕事です。
最後に、「人は椅子から立ち上がる時、どういう動きをしていますか?皆さん、足を前に出して座ってみて下さい。そのまま立ち上がれますか?」と問いかけてみました。

P1280003-500.jpg

P1280008-500.jpg

生徒さんに考えてもらってから、「足を引いて、頭を下げていくとスムーズに立ち上がれますね」と、身体で実感して頂きました。身体が自然に動く一つひとつの動作を理解して無理のない動作で介護する事も大切であることも感じてもらえたようです。

講演から一週間後、道明寺中学校より講演協力のお礼と生徒さんの感想文を送ってきて下さいました。感想を読んでとても感動しました!
少し紹介しますと、
・できないことを工夫してできるようにしてあげるということになるほどと思った。
・孫の結婚式に出席するためにリハビリをして数メートル歩けるようになったおばあさんの話に感動した。
・普通に介護するのじゃなくて利用者さんに喜びや達成感を味わってもらう事も介護の仕事なんだ。
・『相手を知って受け入れる』この言葉がすごく好きになった。
・コミュニケーションを大切にしようと思った。
・自分も人間として成長できる仕事で、ヘルパーをやりたいと思った。
・介護の仕事はしんどそうという今まで思っていたイメージとは違うと気付いた。
・遠くに住んでいる祖母に会いたくなった。大事にしようと思った。
等々です。
このように、皆さんこちらの伝えたかったことをしっかり聴き取って理解してくれていたのです!どの程度伝わっていたのか不安に思っていたので、大きな驚きと感動でした。そして、介護職について伝えていくことの大切さも実感しました。

投稿者 hcgblog : 14:43 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2014年 11月 14日

「ケアホーム長吉」いよいよ内覧会開催!

12月1日のオープンに向け、高齢者住宅「ケアホーム長吉」では、着々と準備が進んでいます。施設内の家具や家電、リハビリマシン等の搬入設置も済み、想像だけだった「ケアホーム長吉」がようやく現実となってきました!
1長吉外観.jpg
オープンに先立ちまして、下記日程にて内覧会を開催いたします。入居相談の他、施設内の見学やリハビリ機器の体験、ビュッフェ形式での食事なども用意致しております。どうぞお気軽にご来場ください。
なお、内覧会の日程内にお越しいただけない場合でも、11月中は随時見学・入居相談を受け付けておりますので、下記の開設準備室までご一報をお願い致します。

【日時】
11月20日(木)-11月24日(月・祝) 10:00-17:00

【会場】
ケアホーム長吉
(大阪府大阪市平野区長吉六反2丁目11-43)

【お問合せ・お申込み】 
ケアホーム長吉開設準備室
TEL:072‐931‐2228  担当:武信・杉本

2ケアホーム長吉地図.png

準備が整ってまいりました「ケアホーム長吉」や併設の「デイセンターリハビリプラザ長吉」の内部を一足早くご紹介します。

「ケアホーム長吉」
3長吉居室.JPG
4-5長吉廊下・風呂.jpg

「デイセンターリハビリプラザ長吉」
6長吉デイサービス.jpg

内覧会当日の様子は、後日このブログでご報告予定です。

投稿者 hcgblog : 14:45 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2014年 11月 13日

デイセンターリハビリプラザ守口の秋祭り

11月1日(土)デイセンターリハビリプラザ守口では秋祭りを開催しました。当日は、あいにくの雨交じりの空ではありましたが、ご利用者やご家族など多くの方々に参加していただけました。

burogu  挨拶.jpg
『さぁ、リハプラ守口の秋祭りです。楽しんで下さいね。』

秋祭りということで、縁日の出店をイメージして、「フランクフルト」「唐揚げ」などの軽食を用意して、普段とは違ったお食事を食べていただき、「人形すくい」「ひも引き」「射的」などの催し物も準備しました。

ブログ ひも引き 1.jpg
「ひも引き」『さぁ、何が当たるかな?』

ブログ ひも引き2.jpg
『見事、景品大当たり!おめでとうございます。』

ブログ 人形すくい.jpg
「人形すくい」

ブログ  食事.jpg
『お腹空いたねー』

ブログ射的.jpg
「射的」  『狙って狙って・・・』

催し物の中では射的が一番人気で、行列もできました。なかなか当たらず悔しがる方、見事、的に当て、時計など豪華(?)景品をゲットする方もいてとても盛り上がりました。惜しくも射的で当てられなかった方もひも引きでは、湯たんぽ、マグカップなどが当たって喜ばれていました。そして、金魚の代わりにキャラクター人形や光る指輪などを水に浮かべた人形すくいでは、今人気の「ふなっしー」人形も浮かんでいて、光る指輪と共にご利用者に人気でした。いつもの利用日とは違って、賑やかな雰囲気に包まれた秋祭り。
帰りの送迎車中では、ご利用者の皆様から『楽しかった』と言っていただけとても嬉しかったです。

これからも、趣向を凝らした色々な企画をし、『デイサービスに来て良かった』とご利用者の皆様に思っていただける様、職員一同、頑張っていきます。

投稿者 hcgblog : 15:11 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

デイセンターリハビリプラザ富田林が変わりました!

こんにちは!いつもたくさんの方々にご利用いただきありがとうございます。10月より半日型から1日型へと新体制に変わってスタートいたしました。
当初は、スタッフもご利用者も戸惑う点があったと思いますが、早1ヶ月が過ぎ、ご利用者も緊張感がほぐれ、少しずつ以前のようにリハビリに専念出来てきていると日々感じております。
リハビリ内容も大幅に変わり、午前中は、ご利用者に3グループに分かれていただき、スリングセラピー、マシントレーニング、マット運動を行っていただいております。
今までのマシンも入れ替えし、新しくJ‐サーキットのマシンを導入しました。身体にやさしい油圧式のマシンで、簡単で幅広い年齢層に対応でき、ご自身の体調に合わせて無理なく有酸素運動が行えます。
またマット運動の際Lov―a―Ball(ラヴァボール)を使用してのストレッチも行っております。ボールの上に寝るだけで筋肉の緊張を緩め身体のコリをほぐし、筋トレにもなり有酸素運動が行えます。

buroguスリング.jpg
スリングセラピー

buroguマシン.jpg
J‐サーキットのマシン

burogu マット運動.jpg
マット運動

burogu ラブァーボール.jpg
ラヴァボール

burogu 食事.jpg
お食事の一例

内?風呂1   ブログ4.jpg
お風呂

午後からも午前中と違ったリハビリ内容があります。リハビリだけでなく、ご希望に応じてご自身のペースでゆったりと過ごされたい方は、ご利用者同士で交流されたり、将棋やオセロ等といった余暇を楽しまれたりしています。
また、リハビリ内容以外にも10月からの新サービスがあります。入浴サービスです。
自立へ向けての支援、ご家族の介護負担の軽減、またリハビリでたくさん汗を流してからお風呂でスッキリしたいという方にご利用していただけたらと思っております。入浴サービスを追加されたご利用者からは「毎回とても気持ち良く助かってる」等のお声を頂いております。
今後もたくさんのご利用者に楽しくリハビリを続けていただけるようスタッフ一丸となって頑張っていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。


投稿者 hcgblog : 14:45 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

デイセンターリハビリプラザ門真の秋祭り

10月26日(日)、デイセンターリハビリプラザ門真で秋祭りが盛大に行われました

出店  .jpg

ブログ2.jpg

毎年恒例になっている秋祭りは、ご利用者の皆様もとても楽しみにされています。
秋祭りが近づくと、今年の屋台は何が出るのか等、色々と職員に聞いたりされていました。(今年の屋台は、「焼きとり」「ギョウザ」「フランクフルト」「カレー」「キャベツ焼き」「ポテト」「フリードリンク」)
当日はお天気にも恵まれ、ご利用者の皆様もノンアルコールのビールやジュースで、お友達やご家族、職員と一緒にオープンテラスで乾杯し、屋台の食べ物を美味しく頂かれていました。

ブログ3.jpg

ブログ4.jpg

ブログ.jpg


ブログ6.jpg

ブログ7.jpg

フロアでは、射的、お菓子のつかみ取り、金魚すくい、くじ引きなど、童心に戻って楽しまれ、目がキラキラ輝いていました。最後はカラオケ大会で盛り上がり、今年もご利用者・ご家族の皆様にたくさんの笑顔を見せていただくことができ、素敵な秋祭りとなりました。

投稿者 hcgblog : 13:58 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ