2015年 01月 29日

門真営業所 紅白歌合戦

今や門真営業所の名物になっている恒例の年の瀬『紅白歌合戦!』
毎年大変な盛り上がりで、門真営業所の一年の笑い納めのイベントになっています!
昨年も12月26日に開催し、門真・大東ご利用者の方々、新人職員はじめ全職員が参加して、みんなで歌って・笑って楽しい一日を過ごしました。
昨年は、大東のご利用者の方も歌って下さったり、厨房スタッフの皆さんも歌と踊りで盛り上げて下さったり、仮装あり、パフォーマンスあり、歌って、踊ってますます進化している門真営業所の紅白歌合戦です。

紅白歌合戦1.jpg

皆様、待ちに待った紅白歌合戦

紅白歌合戦2.jpg

ご利用者の皆様、堂々と熱唱!素敵な歌声を聴かせて下さいました

紅白歌合戦3.jpg左:厨房スタッフが「てんてん手毬」の歌と踊りを披露。懐かしい歌に、ご利用者の
  皆様も一緒に歌って盛り上がりました。
 
右:大東・門真のスタッフが綺麗な着物姿で『松の木小唄』を披露!
   華やかなステージになりました。

紅白歌合戦9.jpg

右:歌い終わったご利用者。ホッとした表情でハイチーズ

紅白歌合戦5.jpg左:『旅姿三人男』を格好良く歌って下さったご利用者。ご利用者の左は、職員の娘さん(中学生)で、お母さんと一緒に紅白歌合戦に参加。歌ったり、応援したり盛り上げてくれました。
 右:今年は大東営業所のご利用者も歌って下さいました。

紅白歌合戦8.jpg左:昨年再ブレイクした『他人の関係』を熱唱!
右:普段は控え目であまり歌われないご利用者も紅白歌合戦の楽しい雰囲気に、思わず一曲披露して下さいました。

紅白歌合戦4.jpg昨年も迫力あるスタッフの仮装で、歌合戦も盛り上がりました。
左:フィギアスケート金メダリスト羽生選手(スタッフ手作りの衣装です!)
中:山口百恵に扮して『コスモス』を熱唱。
右:2014年の流行語大賞に選ばれた日本エレキテル連合も登場!

紅白歌合戦6.jpg左:岩崎宏美になりきるスタッフ!『マドンナのララバイ』を熱唱!
中:毎年お好きなコスチュームで登場!みんなを楽しませて下さるご利用者。
右:入社したての職員(右)も、当日になって突然とび入り参加!チャイナドレス姿になって、すっかり仮装好き門真スタッフに溶け込んでます。

紅白歌合戦7.jpg仮装好き、役者ぞろいの門真営業所スタッフです!2014年も賑やかに締めくくりました!

紅白歌合戦が盛り上がると、次の年もみんなで笑って過ごせるようです。機会があれば、今年の年末には一度、門真営業所紅白歌合戦を見に来て下さいね。

投稿者 hcgblog : 14:16 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

リハビリプラザ藤井寺のクリスマス会

リハビリプラザ藤井寺では、昨年の12月24日と25日の2日間、クリスマス会を開催しました。
この日のお食事はクリスマス特別メニューをご用意。そして、テーブルには真っ白なクロス、クリスマス絵柄のランチマット、お盆の上にはお箸、フォーク、スプーン、そして特別メニューの「おしながき」を添えてクリスマスランチ風にセッティングしてみました。

特別メニューは、ご飯ではなく焼きたてのパン、前菜に温かいスープ、そしてメインデッシュ。デザートには抹茶アイスとケーキ、飲み物のコーヒーなど、全部で10品のコースメニューを味わっていただきました。

コピーP1000655.jpg

いつもと少し違った雰囲気なので、ご利用者の皆様も少し緊張気味。でも「テーブルクロスを汚したらアカンなぁ」「食事がとても美味しいね」「お腹がいっぱいになったわ」など、皆さんとても喜んで下さり、クリスマスランチの演出も特別メニューも好評でした。

xmas.jpg

また午後からは、ご利用者によるハンドベルとピアノ演奏、ボランティアさんによるハープの演奏会を行い、クリスマスソングを合唱しました。
ハンドベルは、1日10名程度、総勢30名の方々が練習に参加され、皆様、真剣な面持ちで楽譜を見つめながら、何度も何度も練習を繰り返される熱心な練習ぶり。日々一生懸命練習に取り組まれ、クリスマス会の演奏やハンドベル合唱コンクールへの参加に意気込んでおられました。

ハンドベル練習風景.jpg

そしてハンドベル演奏の衣装もご利用者の方々が手作りされるほどの盛り上がりぶりで、白のベレー帽と白の手袋、白いケープもお揃いで用意して、当日には、お揃いの衣装をそれぞれが身にまとい、「もろびとこぞりて」「かえるのうた」を演奏して下さいました。ピアノとハンドベル、ハープの綺麗な音色がフロア内に響きわたり、その場にいるご利用者・スタッフすべての人の心に沁みました。また、ハープの間奏時には、誰からともなくご利用者が音色に合わせて口ずさみ、全員が声を揃えて歌うといった一幕もありました。
クリスマス会終了時には、「また、何かさせてなぁ」と目に涙を浮かべながらハンドベルに参加されたご利用者が言葉をかけて下さったり、「ベル打てたよ」「楽しかった」「充実した日々を過ごせて良かった」などの達成感で喜びに溢れたお声をいただき、ピアノ演奏をされたご利用者からも「良かった、とても楽しかった」と話していただけました。

P1020110.jpg

クリスマス会では、参加者全員で楽しい一時を分かち合い、とても有意義なひと時を過ごしていただけたと同時に、歳をとっても、障がいがあっても・・・皆で一つの物事を成し遂げれば感動と喜びに繋げることができると実感できました。Merry Christmas!


投稿者 hcgblog : 10:03 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2015年 01月 28日

デイサービスで趣味クラブ活動を始めてみませんか?

ハートケアグループのデイサービスでは、午前中はしっかり運動(リハビリ)をして、午後からはご自分にあった過ごし方をしていただく、という形が主流になっています。その午後の過ごし方は、個別リハビリであったり、入浴であったり、趣味クラブであったり、イベントであったりと各事業所によって独自のプログラムがあります。今回は、その中でも多彩な楽しい趣味クラブを紹介します。自宅で一人ではなかなかできない続かないことも、デイサービスに来てみんなと一緒にならできます。さあ、楽しいこと始めてみませんか!?

◆アートクラフト(手工芸)
身近にある材料で工夫して、手芸や工作を楽しんでいます。頭を働かせ手先を動かすことは脳の活性化にもなりますし、作品を仕上げた達成感も味わえます。作りながら他の人との会話も生まれ、自然とコミュニケーションがとれるようになります。
クラフト.jpg

◆ちぎり絵
本格的に和紙をちぎって貼るちぎり絵から、色紙や包装紙などで手軽に貼るちぎり絵まで、事業所によって様々ですが、根気のいる細かい作業です。しかし、出来上がった喜びはひとしおです。デイサービスで作品展をして皆さんに見ていただいたり...張り合いにもなります。
ちぎり絵.jpg

◆貼り絵(壁画)
皆さんで協力して作る大きな壁画。季節のデザインを考え、色使いも考え、根気よく紙をちぎっては貼る作業を、コミュニケーションをとりながら楽しまれています。大作完成時の達成感と充実感は当事者でないと味わえません!季節の味わいのある作品作りを楽しみ、完成すると壁に飾り、皆さんに感動を与えてくださいます。
壁画貼り絵.jpg

◆水墨画
墨一色の濃淡も渋いですし、カラー使いもアクセントが効いて素敵です。皆さん、日本の風情ある芸術家です。
水墨画.jpg

◆書道
筆を持つと不思議と心が落ち着きます。若かりし頃熱心にお稽古されていたのでしょうか?達筆でいらっしゃいます。
書道.jpg

◆編み物
昔取った杵柄!?手が覚えているのでしょうね。帽子、ひざ掛け、かばん、ペットボトルホルダー、巾着など、色々なものに挑戦されています。おしゃべりも、他の人の作品を見るのも楽しみです。
編み物.jpg

◆ゲーム(囲碁・将棋・オセロ・麻雀・トランプ・百人一首など)
「頭を使う習慣」はアルツハイマー病を予防するのに有効であると言われています。頭を使う方法でお勧めなのが、麻雀・囲碁・将棋・チェス・トランプ・オセロなどのゲームです。こうしたゲームは、頭を使うだけでなく、人と対戦することで自然に会話も生まれ、コミュニケーションにもつながります。コミュニケーション自体にも認知症予防の効果があり、他の人とワイワイ盛り上がりながら楽しい気分になれるゲームは、頭を使うこととコミュニケーションの両面からの効果が得られる非常に優れた認知症予防策です。デイサービスの趣味クラブでは、自宅で一人ではできないこのようなゲームを皆さんで楽しまれています。
ゲーム.jpg

◆園芸
小さな畑ですが、丹精込めて野菜作りを楽しんでいます。太陽の日差しの下、土いじりをすることは、身体にとってもいいのです。野菜の成長を楽しみ、収穫すれば新鮮な採れたて野菜をみんなでいただく!これほど幸せな醍醐味はありません!
園芸.jpg

◆カラオケ
腹式呼吸をしてお腹から声を出して歌うことは、健康にとても良いことです。
カラオケ.jpg

このように、デイサービスにおける楽しい趣味クラブ活動、いかがでしたでしょうか?
楽しみながら身体を活性化し、生活に張り合いを持ち、充実感を味わうことができます。楽しんで老化防止・認知症予防にもなるなんてすばらしい!デイサービスで趣味クラブ活動、始めてみませんか?ハートケアグループでのデイサービス事業所は、羽曳野・藤井寺・富田林・美原・松原・門真・大東・守口・交野・三重県松阪にございます。事業所によって行っている趣味クラブ活動の内容は違いますので、詳しくは個々の事業所にお尋ねください。


投稿者 hcgblog : 10:25 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2015年 01月 27日

ハートケア福祉学院 藤井寺校 開校!

NPO法人ケア・ユニゾンの「ハートケア研修センター」では、これまで介護福祉士養成実務者研修や介護職員初任者研修、その前身となるヘルパー2級養成講座などの各種講座を開催し、地域で活躍できる介護専門職の育成に努めて参りました。平成27年1月、この「ハートケア研修センター」を「ハートケア福祉学院」に名称を改め、事務所及び教室を藤井寺駅前に移転しました。それに伴い、去る1月15日に、ケア・ユニゾン主催の研修・各種養成講座でご協力いただいている講師の方々や、ケア・ユニゾンのボランティア活動員の方々をお招きし、ハートケア福祉学院藤井寺校の開所式を行いました。

外装.jpg

開所式は、NPO法人ケア・ユニゾン理事長辻岡の挨拶から始まり、前理事長から、ケア・ユニゾンが平成18年に開設してからの経緯、これからの事業展開についての話をしました。また、スライドショーをご覧いただき、これまでに実施した社内研修や各種養成講座、ボランティアさんの活動の様子などをご紹介しました。

理事長あいさつ
お祝いのお花.jpg

スライドショー
ハートケア福祉学院開所式-5.jpg

講座で行っている介護実習モデルを使用した喀痰吸引の演習や、身体が不自由になった状態を体験できる疑似装具の体験、福祉用具の展示なども行いました。

喀痰吸引演習                    疑似装具の体験

実習.jpg

経管栄養シミュレータ               福祉用具 

福祉用具.jpg

普段会うことの少ない講師や実習担当の方々の間でも話が弾み、交流を図る良い機会となりました。ご多忙にも関わらずご出席くださった皆様方には、深く感謝申し上げます。

ハートケア福祉学院開所式-10.jpg

ハートケア福祉学院は、今回開所式にご参加いただいた講師やボランティアの方々を初め、多くの方々にご支援をいただきながら地域福祉の充実を目指しています。養成講座の開催を通して専門的な知識・技術等を学んでいただき、優秀な人材を育成し、地域の皆様に質の高いサービスを提供していきたいと思います。どうぞ「ハートケア福祉学院 藤井寺校」をよろしくお願い致します。

ハートケア福祉学院開所式-11.jpg


投稿者 hcgblog : 11:43 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ