2015年 05月 22日

脳出血による高次脳機能障害に向き合い、就労デビュー!

 リハビリプラザ藤井寺の営業所長阪上から、「脳出血で高次脳機能障害になったがリハビリを続け就労目標を達成できた方」がいらっしゃると聞き、インタビューに行ってきました。ご本人と営業所長の阪上からお話を伺ってきましたので紹介します。
その方はM様(62歳)で、明るくまじめで人を気づかうことができる人。人との関わりが好きで、おしゃべりしていると人が集まってくる人気者だそうです。私がリハビリプラザ藤井寺を訪問した時も楽しそうに友達とお話をされていました。とても明るく若くてお元気そうで、障害をお持ちの要介護者には全く見えませんでした。
?M様と阪上.jpg

 M様は、昨年1月職場で脳出血によって倒れ救急搬送され、数日間意識不明だったそうです。そして高次脳機能障害と診断されました。倒れた時の記憶はなく、病院で意識を取り戻した時、「ここはどこ?どうしたの?」と状況が理解できなかったそうです。質問内容が理解できず、返答もできず、会話ができない状態でした。搬送された病院を退院した後リハビリテーション病院で半年間入院されました。記憶を呼び戻すこと、頭で考えて文章を書くこと、物を隠してもらってどこに何を隠してあるかを聞き、しばらくしてから探しに行くなどのリハビリを繰り返し繰り返しされたそうです。そして、昨年7月のリハビリテーション病院退院後からリハビリプラザ藤井寺を週3回、他のデイケア(悠々亭通所リハビリテーション)を週2回利用されています。

?体力作り.jpg

 さて、高次脳機能障害とはどのような障害でしょうか? M様の場合、マヒなど身体的運動機能に障害はありませんが、「記憶障害(スケジュールがわからない)」「注意障害(二つ以上のことを同時にできない、他のことに関心を転換できない)」「遂行機能障害(見通しの欠如、計画性・効率性の欠如)」があります。
 「記憶障害」とは、例えば、リハビリプラザ藤井寺での今日一日の自分のメニュー(する事や順番)が覚えられないのだそうです。しかし、メモに書くことでできるようになります。家でも日記のように一日にあったことを書き留め記憶を呼び戻すリハビリを続けているそうです。
「注意障害」とは、例えば、何かをやっていて中断するとさっきまでやっていたことを忘れてしまうのだそうです。しかし、「さっき〇〇してたよなぁーその続きやってくれる?」と声かけすると、思い出してまた続きができるそうです。声かけをしてもらうことで戻って確認し補えるのです。
 「遂行機能障害」とは、料理で例えると、メニューは頭の中だけでは決められませんが、料理の本を見ると決めることができます。メニューだけでは必要な材料がわからず買い物はできませんが、買い物リストを持って行くと必要な買い物はできます。メニューだけでは手順がわからず調理はできませんが、レシピを見るとできます。ひと手間かけることでできるようになるのです。M様は、「以前は感覚で調味料を適量入れて煮物をうまく味付けできたのに、今はそれができないんです」ともおしゃっていました。

 営業所長の阪上は言います。「Mさんはできないことでもひと手間入れるとできる。自分はできないことがあることをわかっていて、それは補ったらできることもわかっている。これはすごいことです。メモをとること、繰り返すこと、確認すること、手順書をみること、工夫をすること、などひと手間かけることでクリアにしていける。そうして、今リハビリプラザ藤井寺の食事の準備を全部やってくれてるんですよ」と。
?P1020489-500.jpg

P1020495-500.jpg

 そして、M様はリハビリプラザ藤井寺以外にもう一か所通われているデイケア(悠々亭通所リハビリテーション)に、実は4月中旬から週1回ボランティアで働きに行かれています。M様は、来られた方に飲み物を入れたり、お味噌汁をよそって食事の配膳のお手伝いをしています。「今日はどっち?(利用者かボランティアか)」と言われるとおっしゃっていました。というのは、週1回は利用者として、あとの1回はボランティアとして行かれているからです(笑)。7月からの正式入職に向け、まずはボランティアからスタートしました。就労への一歩ですね!

 就労に向けての準備として、リハビリプラザ藤井寺では療法士と一緒に、周りに注意して自転車に乗ること、バスに乗って目的地に行くことなども練習されたそうです。駅まで自転車で行かれるので、スタッフみんなからは合羽をプレゼントしたそうです。目標であった就労についてM様は、「私は別に働きたくないんですよー。娘が働け働け!銭稼いで来ーい!と言うんです」とユーモアたっぷりにお話をしてくださいました。「リハビリプラザ藤井寺では、体力づくりや社会交流(おしゃべり)をしてます。これが楽しくて楽しくて!元気になってもここを卒業はしたくなーい!」とおっしゃっていました。
?自転車.jpg

 このように就労目標を達成できたのは、もちろんM様が頑張ったからですが、M様の持ち前の明るい前向きな性格、M様に関わるケアマネジャー(介護サービスセンターゆうゆう亭)・就労先のデイケア(悠々亭通所リハビリテーション)・リハビリプラザ藤井寺・ご家族の連携やチームワークがよかったこともあったようです。ご利用者お一人おひとりの想いを尊重してみんなが連携して支援する素晴らしさにも心打たれました。
 
 なお、M様のインタビュー内容は、ハートケア通信2015年6月号にも掲載予定です。   

インタビュアー 上田美津子
                       

投稿者 hcgblog : 09:29 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2015年 05月 21日

デイルーム藤井寺  春の川柳大会

この春、デイルーム藤井寺では、春をテーマにした川柳大会を開催しました。4/1から4/18の期間で川柳を募集すると、初めは、「そんなん難しいわ」「私こんなん苦手」「考えられるかな」などの声が多くありました。しかし皆さん、ご利用中だけでなく、お家でも真剣に考えてきてくださり、次のご利用日には、渾身の川柳をエントリーしてくれる方も多くいらっしゃいました。

DSCF0838.jpg

今年は、3/31から4/8の期間に、デイルーム藤井寺からの帰り道、お花見に行ったのですが、桜の開花時期に天気予報で雨マークがずらりと並んでいたので、「帰る時間までに雨がやみますように」と、みんなで祈って過ごしていました。見事に祈りが天に届き、帰る時間になるとピタッと雨が上がり、今年も無事、お花見に行く事ができました。帰り道の少しの時間でしたが、藤井寺市と羽曳野市の桜の名所へ寄り道をして、かわいい桜の花に癒された後、桜の花と一緒に記念撮影もできました。

お花見  A.jpg

IMG_0983.jpg

そんなお花見の後には、やはり桜の季節が浮かぶ作品が多くエントリーされていました。そして、4/20からの1週間では、応募総数32作品の中からご利用者とスタッフにお気に入りの川柳を投票してもらいました。本当に素敵な川柳がたくさんあり、投票する方々も「これいいな」「あっ!これもいいわ」「どれにしようかな」と、ひとつひとつの作品をじっくりと眺め、すごく悩みながら、投票に参加してくれていました。

投票.jpg

川柳のエントリーをされた方からは、「結果発表はいつあるの?」「表彰式はいつ?」と結果を心待ちにしている声も頂きました。そして待ちに待った投票結果の発表です!
今回は投票総数102票!!どの作品も素晴らしく、票の獲得数が僅差の争いとなりました。その中で見事に金賞・銀賞・銅賞に選ばれた川柳名人がこちらの方々です。
受賞された方々には、表彰式にて、表彰状を授与させて頂きました☆☆☆

表彰1.jpg

まずは、金賞に選ばれた3名のご利用者です。金賞おめでとうございます!!!

金賞

S・I様    満開の 桜の下で 手酌酒   

K・I様    チウリップ 我が家の庭を ひとり占め

M・T様    桜舞う 花トンネルの 帰り道

表彰(2).jpg

続いて、銀賞に選ばれた3名の方々です。銀賞おめでとうございます!!!

銀賞

Y様     デイからの 桜見物 春うらら

S・I様     花びらの 桜のじゅうたん 心地よさ

T・Kさん(職員) リハビリの 思いはひとつ 春よ来い

表彰3.jpg

そして、銅賞に選ばれた2名のご利用者です。銅賞おめでとうございます!!!

銅賞

M・I様    春に咲く 菜の花摘んで お漬物

H・T様    いつも飲む うまいお酒は 花の下

表彰4.jpg

ご応募いただいた32作品の全てが本当に素敵な作品で、読ませていただくだけで、春を満喫でき、素晴らしいひとときとなりました。川柳をエントリーして下さった皆様、本当にありがとうございました。そして、投票に参加して下さった皆様、ご協力ありがとうございました。また次回の川柳大会へのご参加も、お待ちしています♪♪

投稿者 hcgblog : 13:18 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2015年 05月 20日

平成27年度 訪問看護ステーション現任者研修・総会

去る4月26日、ホテル日航大阪にて、訪問看護ステーションの第10回現任者研修・総会を開催いたしました。
訪問看護現任者研修1.JPG

4月に入職した新入職員を含む100名以上の職員が参加し、新年度より改定された介護保険制度への更なる理解を深めたほか、改定に伴うマニュアルの変更、今年度の事業計画についての周知などが行われました。
訪問看護現任者研修2カット.JPG

現任者研修・総会のあとに開催した懇親会では、営業所が違うためになかなか顔を合わせる機会のない職員同士が直接話すことができる良い交流の場ともなりました。

今年度も職員一同、ご利用者とそのご家族への安心と快適なくらしのために尽力いたしますので、よろしくお願いいたします。

投稿者 hcgblog : 12:02 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ