2016年 02月 29日

「ケアホーム加美」内覧会を開催しました

有料老人ホーム「ケアホーム加美」の3月1日のオープンに先立ち、2月12日(金)から15日(月)までの4日間、内覧会を開催いたしました。途中悪天候に見舞われたにも関わらず、近隣にお住まいの方々やケアマネジャーの方々など、あわせて計104名の方にご来場いただきました。
加美内覧会1.JPG

加美内覧会2玄関.jpg

加美内覧会3受付.JPG
ご来場された方には、施設内のマップとご来場の記念品をお渡しし、まずは2階・3階の居室のモデルルームや個浴の浴室を見学していただきました。途中にはハートケアグループ内の有料老人ホームでのイベントの様子やハートケアグループの事業概要などのパネルを展示し、スタッフがご案内いたしました。
加美内覧会4居室モデルルーム.jpg

加美内覧会5見学.JPG
そして1階へと降りて併設のデイサービス「デイルーム加美」を見学していただきました。デイサービスのフロアやリフト浴室、ハートケアグループ内の施設で制作したご利用者の制作品の展示や、足温浴・マッサージ機などのリラクゼーション機器を見ていただきました。体験コーナーでは「レッドコード」を使ったスリングセラピーやリハビリマシンをご来場者に体験していただきましたが、「こんなんあったらええなぁ」「こりゃいいわ、いい運動になります」と、嬉しいお声をいただきました。
加美内覧会6デイルーム加美フロア.jpg

加美内覧会7デイサービス.JPG
その後、ケアホーム加美の調理を委託する「浅田給食」の食事を召し上がっていただきながら、施設に関する相談やご質問を個別にお伺いしました。通常の献立の他にも、嚥下の困難な方のためにプリン状に調理したプリン食も試食していただき、普段口にする機会のない食感と味を体験していただきました。
加美内覧会8食事.JPG
通常の献立(左)と同じ食材を調理したプリン食(右)
加美内覧会9相談.JPG
お帰りの際には、抗菌・抗ウイルス効果のある精油をスプレーしたアロママスクと、2月14日にはバレンタインということでチョコレートをプレゼントしました。
加美内覧会10プレゼント.JPG
また、内覧会3日目と4日目の午後には、オープン記念講演を開催しました。
3日目の2月14日は、弊社の高齢者住宅部 部長の藤沢千穂による講座「虐待ゼロ・認知症の方でも安心できる施設」を開催しました。認知症の方の満たされないニーズとは何かを考え、ご利用者中心で人間性指向のケアをするために環境面や生活面でどんな工夫をすれば良いのか、実際に「ケアホーム伊賀」で実践した例を基にしたお話をさせていただきました。
加美内覧会11講座.JPG
2月15日の講演会「クレーム対応の技と心得 ―信頼関係を築き、地域の方々をファンにするには―」では、有限会社レイズ代表取締役増田知乃先生にご講演いただきました。増田先生にはハートケアグループが開催するマナー・接遇研修を毎年お願いしており、面白くて分かりやすい講義が社内外で好評を得ています。苦情を未然に防ぐためには日常的な関わりの中で好意的な関係を築くということや、苦情をこじらせないための初期対応の傾聴の姿勢、苦情解決に向けた仕組みの活用について、介護現場の事例も交えながら分かりやすく表情豊かに話してくださいました。講義だけではなく、参加者同士で組になって「こういう接し方をされたらどう思うか」という例をシミュレーションしてみたり、笑い声の混じる楽しい講演会となりました。
加美内覧会12講演会1.JPG

加美内覧会13講演会2.JPG

加美内覧会14講演会3.JPG
講演の最後には、ケアホーム加美営業所長と主任から挨拶と、施設の紹介をいたしました。
加美内覧会15挨拶.JPG
内覧会期間中には近隣の方々が多数お越し下さり、盛況に終えることができました。お越しいただいた方からは、「デイサービスがオープンな雰囲気で外がよく見える」「下のデイフロアでリハビリできるのが良い」「陽当たりが良く明るい」「全体の色使いが明るくて良い」と嬉しいお言葉をいただきました。ご来場いただいた方々、ケアホーム加美開設にご協力いただいた関係者の方々に深く感謝致します。

後日、施設の中の写真と営業所長からのご挨拶をブログにアップする予定ですので、そちらの記事もぜひあわせてご覧ください。

投稿者 hcgblog : 15:00 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2016年 02月 19日

青蓮荘『待ちに待った、紅白歌合戦』

 年末も押しせまり、青蓮荘では2015年最後の笑い納めの紅白歌合戦を12月28日(月)に行いました。ご入居者のご家族にも紅白歌合戦のご案内をしたところ、ご家族も出演して下さることになりました。
又、東成営業所のご利用者や職員の方も参加してを盛り上げて下さり、賑やかで楽しい『紅白歌合戦』となりました。

歌合戦1.jpg

紅白歌合戦当日までは、皆様、練習も熱心で、あれでもないこれでもないと選曲にも頭を悩まされたり、職員も就業時間終了後にカラオケなどで練習する者もいたりと、皆で『紅白歌合戦』に向けて準備をし、当日を心待ちにしていました。
そして待ちに待った紅白歌合戦。ご利用者は、思い思いの歌をしっとりと、また時には力強く歌って下さったり、ご夫婦で歌われたご利用者は、さすが長年連れ添ってこられただけあって、息の合った味のある歌を披露されました。
また、娘さんも参加して親子で「AKB48」の歌を歌った職員がいたのですが、職員(母親)の爆発的な歌に娘さんもビックリして笑いが止まらず、歌えなくなり、最後には母親が酸欠状態になる!というちょっとしたハプニングの一幕もありました(笑)普段はおしとやかな職員なのですが、その意外さにビックリで、みんなで思いっきり笑わせていただきました。

歌合戦2.jpg

紅白歌合戦3-2.png

歌合戦4.jpg

歌合戦5MG_1309.jpg

『青蓮荘』初めての紅白歌合戦でしたが、参加された皆さんに「楽しかった」「また歌合戦して下さいね」と早速、来年末(もう今年ですが・・・)の紅白歌合戦開催の要望もあるほどで、とても喜んでいただくことができました。
今年はもっとレベルを上げて、皆さん参加されると思います。楽しみにしております。


投稿者 hcgblog : 13:49 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2016年 02月 5日

〈リハビリプラザ松原〉3代目『お猿(申)のまっちゃん』誕生!!?干支のマスコット制作シリーズ?

馬のまっちゃん、羊のまっちゃん(写真左)に続き、3代目お猿のまっちゃん(写真右)が今年もリハビリプラザ松原に誕生しました。

まっちゃん1.jpg

昨年11月、そろそろとばかりに羊のまっちゃんの大手術が始まりましたが、お猿のまっちゃんの体形が羊のまっちゃんとでは全く違うので、今回はご利用者の皆様も随分頭を悩ませました。そして、ひとまず羊のまっちゃんは毛刈りだけで置いておくことになり、「お猿のまっちゃん」は、新たに骨組みの土台から制作するということになりました。

2016年 リハプラ松原のシンボルまっちゃんの制作風景  羊⇒申へ変身

まっちゃん2.jpg

まずはお猿のまっちゃんの土台となる体形を新聞紙で制作。けれども、2本脚で立つお猿のまっちゃんは、頭や胴体の重みでなかなか2本脚で立たせることが難しく、いきなり難題に直面。
色々とご利用者の皆様がアイデアを出し合い、棒体操の棒を身体の芯にして、それを2本脚の土台に差し込んで制作してみることになりました。すると、見事背骨もしっかりして、2本脚で立たせることができました。昨年の土台が使えないので、この骨組みの形成がとても難しかったのですが、他にもチャームポイントにもなる可愛い目はどのように作ろうか?お猿さんらしく見える毛並みはどうしよう?等、ご利用者の皆様、色々と創意工夫されていました。

まっちゃん3.jpg

まっちゃん4.jpg

制作期間約2カ月。ご利用者の溢れるような制作意欲とまるで職人のような素晴らしい腕前のお陰で、12月末、無事に今年のリハプラ松原のマスコット!『お猿のまっちゃん』が誕生しました。

まっちゃん5.jpg

ブログサイズ  お猿のまっちゃんプロフィール.jpg

お猿のまっちゃんが、リハプラ松原に仲間入りして1ヶ月。手には好物のバナナを持っていたり、時にはスリングをしたり、ご利用者さんと一緒に運動したり、見守ったり・・・。そしてお友達のように寄り添い、毎日みんなの様子を眺めています。たまに元気がいっぱいで、動き過ぎて手足の脱臼があったり?!します。そんなお猿のまっちゃんの為に、只今、ご利用者とマフラーや帽子を編んだり時間を見つけてはおめかしして、季節ごとに衣替えも計画中?。
この1年で色々な場面に登場しみんなを笑顔にできるまっちゃんでありたいと思っています。
ご利用者、そしてスタッフの愛情がいっぱい詰まった『お猿のまっちゃん』に、皆様、一度会いに来て下さいね。そしてまっちゃんの今後の活躍をお楽しみに・・・。

まっちゃん6.jpg

つい最近、張り切り過ぎて怪我をしてしまい、
目の手術をしました。寒い冬なので毛も増えて、
ちょっと雰囲気の変わった現在のまっちゃんです。

※昨年のマスコット「羊のまっちゃん」誕生秘話は、こちら

投稿者 hcgblog : 14:58 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ