2016年 03月 23日

「Made in わたし コンテスト」への参加(リハビリプラザ藤井寺)

「デイセンター リハビリプラザ藤井寺」はリハビリ特化型のデイサービスです。要支援、要介護の女性ご利用者を中心に自立支援を目的としたリハビリテーションの一つとして、指先を動かす細かな手作業を実践しています。脳を刺激して老化を防いだり、気持ちにもハリがでるなど精神面にも良い影響を与え、様々な機能回復へと効果を得ています。
当施設では手作業の中でも、布や毛糸を使った手芸クラブに力を入れており、各個人で製作する物や共同で製作する物などがあり、ご利用者は日々、作品作りに励んでおられます。

1 お雛様.jpg

毎年の恒例行事の一つとして、地域向けにハンドメイドバザーを開催し、ご利用者の作品を展示・販売させていただき、そこで得た収益を藤井寺市社会福祉協議会に寄付するなど、高齢や障がいを持っていても、社会活動に参加し貢献しております。

2 振袖うさちゃん・鏡餅.jpg

今回、「Made in わたし コンテスト」への参加に至った経緯は、手芸用品を購入している店舗でコンテスト開催のチラシをもらい、なんと Σ(゚д゚lll)! そこには、「最優秀賞の金賞(1位)は8万円相当のミシン贈呈」との文字があったことからです。普段、ご利用者の制作風景を見ている私達は個々の腕前の良さ、作品のQualityも知っており、ご利用者数名に「Made in わたし コンテスト」への参加を促してみたところ、3名の方から「参加したてみたい」との声が上がりました。

3 つるし飾り(お正月・お雛様).jpg

現在、コンテストの参加人数は不明ですが、全国で約80店舗から出されるとのこと。参加応募要項としては手作り作品であれば何でもOK!ただし、オリジナル作品限定であり、また、一次選考、二次選考をクリアしなければなりません。今年で14回目の大会となりますが、年々、作品のQualityが上がっているそうです。ご利用者3名の結果はどうなるか分かりませんが、3名の意欲、意気込みと作品にかける思いは相当なもので、作品提出までの期間は個々に一生懸命、活き活きと頑張っておられました。

4 レースのテーブルセンター・トートバッグとポーチ.jpg

ここに掲載した写真の作品はすべてご利用者がコンテストに応募された作品です。

ただ単に何かを楽しむのも良いと思いますが、「何か目的や目標を持って1日を過ごす」ということは、高齢者や障がい者にとって「生きる活力」となり、機能回復や向上に繋がっています。リハビリから始めた手作業(手芸)も形にすれば、社会参加や活動を通して社会貢献に繋がっていきます。高齢者や障がい者の生きがいを探し、その人らしく、今よりも少し豊かな気持ちを持って生活できるようにサポートすることが私達の福祉従事者の使命であり、役割であると感じます。

営業所長 阪上 貴美

投稿者 hcgblog : 13:40 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2016年 03月 17日

リハビリプラザ大東 ボランティア「夢楽らいぶ」一座の出前ライブ

はじまりは「夢楽らいぶ」一座、座長の山野さんからの1本の電話。
「車での移動中に見かけて、いつも気になっていたんだけど...」というボランティアの申し込みでした。

夢楽ライブ CIMG4183.jpg
「夢楽らいぶ」一座とは、大東市を拠点に活動しているギター弾き語りグループで、近畿2府4県の老人ホームや病院、福祉施設などで、ボランティアの慰問ライブを行っていらっしゃるそうです。「大東市の介護施設はほとんどボランティアで訪問している」というお言葉通り、2002年の結成以来13年間で実に2,800回を超える出張「出前ライブ」をされているというから驚きです。(ハートケアグループの他の事業所にもたくさん来て下さっているそうです。)リハビリプラザ大東では、今回が初めての「出前ライブ」でした。

夢楽ライブ2.jpg

一座のメンバーは座長の山野さんと副座長の植村さん、特座員の内田さんの男性3人組。
2月4日のライブ当日は、自前で機材も持ち込んで下さり、ギターを抱えて一座の皆さんが登場するとリハプラ大東のフロアはライブ会場に大変身! 軽妙なトークと曲でご利用者の皆様も次第にテンションが上がります。実は『夢楽ライブ』一座の皆様は、インターネットTV「野崎ほんわかスタジオ」にて毎週土曜日(PM6:00~)「野崎フォークジャンボリー」のMCも務められており、毎回2曲は歌われるそうです。なので、トークもとても楽しく引きつけられ、自然と「夢楽ライブ」さんの世界に引き込まれていくようです。

夢楽ライブ3.jpg

また、ライブの曲は、作詞作曲ともに夢楽さんオリジナル曲なのに、「ひたすら」や「あらよっと」という覚えやすい言葉を繰り返してリードしてくれる事で、ご利用者もいつの間にか一緒に歌って体を動かしていました!

夢楽ライブ4.jpg

夢楽ライブ5.jpg

 オリジナル曲以外にも、高齢のご利用者の皆様にもなじみの深い「上を向いて歩こう」や「ふるさと」も歌って下さり、一座の皆さんと一緒にご利用者も参加しているという一体感のある楽しいライブでした。最後にはアンコールもお願いして、本当にあっという間の1時間でした。 

夢楽ライブ6.jpg

夢楽ライブ7 .jpg

次回のライブをお願いする為に今後のご予定をお聞きしたら、スケジュール帳には毎日のようにライブの予定がぎっしり! この次は6月にお会い出来る予定です。ご利用者スタッフ一同、次回のライブを心待ちにしております。

夢楽ライブ8 CIMG4254.jpg

 後日、「野崎ほんわかスタジオ』宛てに、出前ライブのお礼のFAXを送らせていただくと、番組でリハビリプラザ大東のFAXをご紹介いただきました。

夢楽ライブ9.jpg

※(『夢楽ライブ』一座の皆様は、関西テレビ『よ~いドン!』番組内の「となりの人間国宝さん」に認定されたそうです...写真下)

夢楽ライブ10CIMG4252.jpg

投稿者 hcgblog : 14:09 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2016年 03月 15日

リハビリプラザ藤井寺 藤井寺南幼稚園との交流会

「リハビリプラザ藤井寺」に1月26日(火)、藤井寺南幼稚園の園児さんが遊びに来てくれました。この交流会は毎年の恒例行事となっており、1年を通してご利用者の方々はこの日をとても楽しみにされています。
今回来てくれたのは、年長組の園児さん達20名で、ご利用者のために歌や体操、ふれあい遊びを披露してくれました。園児さんが全身を動かして踊る体操を、ご利用者はとても優しく温かい表情で満面の笑みを浮かべながら、手拍子をして一生懸命応援していらっしゃいました。園児さん達も練習の成果が出せたようで、みんなとっても上手に踊っていました。

1 IMG_0429-500.jpg

2 IMG_0433-500.jpg

また、一緒に歌をうたった時には、ご利用者の方々は涙を浮かべ「本当に可愛いわぁ」、「子育ての時を思い出して」、「こんな子が一生懸命やってるのに感動して」などと話されていました。
歌や体操の後のふれあい遊び「げんこつ山のたぬきさん」では、ご利用者と園児さんがペアとなり、一緒に踊ってジャンけんゲームをしました。涙あり、笑いありで、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

3 IMG_0438-500.jpg

4 IMG_8919-500.jpg

最後に、ご利用者から園児さんたちにお礼のプレゼントを渡しました。紙袋の中身を見たくて仕方なく待ちきれない様子の園児さんたちは、「中身は何が入ってるん?」「開けてもいい?」と言いながら、紙袋の中を覗き込んでいました。プレゼントは園児さんたちが今年4月に小学校に入学したら使ってもらおうとご利用者がこの日までに製作した手作りの巾着2枚と、国旗を見て興味を抱いてもらうようにと世界の国旗の折り鶴の飾り物です。子供たちの大好きな「妖怪ウォッチ」の手作りメダルもプレゼントしました。園児さんたちはとても喜んでくれていました。

5 P1030433-500.jpg

6 P1010447-500.jpg

近年、日本は高齢化、少子化社会となり、核家族化が進んでいます。世代を超えた交流の機会も希薄であり、地域間の交流の場も少ないと感じます。このような機会は、ご利用者にとっては会話や遊びを通して、日本の文化や歴史を園児さんたちに伝えることができ、また、心理面に於いても「温かさや心地よさ、元気をもらえる」といった効果が得られます。園児さんにとっても、ご利用者から貴重な話を聞く機会を得ることや将来的には「お年寄りを大切にする」といった気持ちが残るのではないかと考え、世代を超えた交流は双方にとって相乗効果が得られると思っています。

藤井寺南幼稚園の園児さん、園長先生、保育士さん、また、遊びに来てくれることを楽しみにしています。

営業所長 阪上 貴美

投稿者 hcgblog : 09:42 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2016年 03月 7日

伊賀に福来いまつり

2/3の節分の日は、気温8℃の曇り空で、冷たい風が吹いていました。そんな冷たい風を撥ね退けるように、ケアホーム伊賀では「伊賀に福来い祭り」を開催しました。お祭りに向けて、ご利用者の皆様はとても立派な鬼を制作して下さり、皆で「♪鬼は~外~!福は~伊賀~!」と思いっきり鬼にボールをぶつけて、大変盛り上がりました。

福来いまつり1.jpg

福来いまつり2.jpg

福来いまつり3.jpg

その後、ケアホーム伊賀では恒例となった「たこ焼き」と皆様の大好きな「ちらしずし」をお腹いっぱい召し上がっていただきました。

福来いまつり04715.jpg

福来いまつり4.jpg

また、ご利用者に楽しんでいただこうと、職員による寸劇も見ていただきました。日常生活において欠かせない安全面を考えて頂きたいとの願いを込めて、「歩行器と車椅子のブレーキの習慣」を披露しました。寸劇を見た後には、皆様、声を揃えて「止まるときは~ブレーキ♪」と楽しく元気に歌っておられました。
これからも、ご利用者の皆様のリクエストにお応えして、色々なイベントを企画して、美味しい物を食べたり、事故や怪我がなく安全に過ごせるような願いを込めた「寸劇」を披露したり、皆様に楽しんでいただけるよう頑張ります。
「♪鬼は~外~!福は~伊賀~♪♪」  

福来いまつり5.jpg                  


投稿者 hcgblog : 14:10 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2016年 03月 4日

「ケアホーム加美」オープンのごあいさつ

住宅型有料老人ホーム「ケアホーム加美」が、平成28年3月1日、大阪市平野区加美正覚寺に新規オープンしました。このあたりは多くの工場や市営住宅が並ぶ地域で、東側に東大阪市と八尾市、北側に生野区が隣接しています。

1 外観DSCN9902-500.jpg

2 IMG_1922-500.jpg

ハートケアグループの創業の理念である「快適をご利用者に 安心をご家族に」をモットーに、ご利用者一人ひとりが、自分の好きな事を続けていけるように、そして、笑顔で笑い声が響きわたるような、あたたかい雰囲気の施設を目指していきます。「気の合う仲間と楽しく交流ができる」「リハビリに励み、身体バランスが向上して歩けるようになる」「筋肉がついて足腰の痛みが軽減する」「身体機能が向上し、生活がしやすくなる」など、個々の目標達成に向けたアプローチを行い、いつまでもいきいきと楽しく過ごせるように支援を行います。ご利用者の何気ない一言に耳を傾け、小さな変化に気付き、人との交流・人のぬくもりを感じて頂けるような支援を心がけていきます。

3 居室DSCN9993-500.jpg

4 居室DSCN9983-500.jpg

5 トイレ、廊下.jpg

当施設は、全室個室の47床の居室があり、居室には、トイレ・洗面台・エアコンが完備され、ベッド脇とトイレに緊急コールボタンもあるので、お部屋でも安心してお過ごし頂けます。また、2階と3階には、多目的スペースがあり、ご利用者どうしやご家族とゆったり交流できるスペースとなっております。

6 多目的スペースIMG_1825-500.jpg

7 デイルームDSCF0455-500.jpg

1階に併設している通所介護事業所「デイルーム加美」には、レッドコードやマシン、イージーウォークなどのリハビリ設備と、足温浴やマッサージ機器などのリラクゼーションコーナーがあります。日々の生活の中で安全に動作が行えるように、個々にあわせたリハビリをしっかりと受けられるだけでなく、疲れを癒してゆったりくつろげる空間にもなっております。そして浴室には、大きな浴槽とリフト浴を備えており、歩く事が難しい方にも、安全にゆったりと入浴して頂けます。

8 リハビリIMG_1846-1000.jpg

9 リラクゼーションIMG_1899-500.jpg

10 お風呂DSCN9913-500.jpg

入居対象者は、要介護1から5の認定を受けておられる方です。
介護職員が24時間常駐し、クリニックと24時間連絡体制があります。
27年の介護実績をもつハートケアグループが、質の高い介護で24時間皆様の暮らしをサポートいたします。

お気軽にお問合わせください。

11 地図・電話.png

ケアホーム加美 営業所長 時見美由希

投稿者 hcgblog : 09:35 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2016年 03月 1日

第6回「介護職員」初任者研修開催

昨年(2015年)11月2日(月)から11月27日(金)にかけて開催された介護職員「初任者研修」11月平日コースが終了しました。
通信課題の提出と16日間のスクーリングという忙しいスケジュールの中、4名の方が受講されました。
休憩中は和やかな雰囲気、授業中は熱心に講義や演習に取り組まれている姿がみられました。

第6回初任者研修1.jpg

第6回初任者研修2.jpg

ブログ 介護過程演習.jpg

受講生の皆さんからは、
・勉強することが、とても楽しかった。
・全て興味をもって聞けた。
・移動・移乗演習が、今まで知っていたやり方よりずっと楽なやり方を教えてもらった。
=講師について=
・生き生きとしていて圧巻で講義内容に感動し、度々涙がでることがあった。
・実体験の話がわかりやすかった。
・仕事に対して情熱的で利用者に対してすごい愛情をもって接していることがとても素晴らしい。
・介護職がどういったものなのか一番知りたかった事を聞かせてもらった。 などの声を頂きました。

第6回初任者研修3.jpg

修了評価試験では、受講生全員が無事に合格されました。
6期生の皆さん、卒業おめでとうございます。そしてお疲れ様でした!

ブログ 6期生の皆さん.jpg

卒業生の方より、「介護士として就職しています!」との声を聞いています。ハートケア福祉学院では、就職相談会を随時受付中ですので、就職に関する悩み・不安等どんなことでもお気軽にご相談ください。

投稿者 hcgblog : 15:31 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ