2016年 11月 30日

平成28年海外研修報告(ロサンゼルス)

平成28年11月14日(月)から平成28年11月19日(土)の6日間、大阪府地域福祉推進財団の主催のロサンゼルスへの「海外福祉事情調査研修」に、ハートケアグループ職員井口・奥村が参加しました。
ロサンゼルス海外研修1.jpg
視察した施設は"終末期ケア用介護ホーム""総合シニアコミュニティー""認知症専門介護施設""ホスピス専門施設"の4か所です。アメリカには介護保険制度が無いためなかなか聞き慣れない名称ですが、まずは大まかに視察先をご紹介させて頂きます。

(1)Caring house(ケアリングハウス):終末期ケア用介護ホーム
ベット数6床で閑静な住宅街にある施設。外部のホスピスサービス事業と提携し、余命6カ月を宣告されている方のターミナルケアを行っている。創業者がNYで自身の家族のケアをしてもらった経験から12年間寄付金を集め続け、開設に至る。
ロサンゼルス海外研修2.jpg

(2)Atherton homes(アサートンホームズ):総合シニアコミュニティー
1914年に牧師などの協会関連者を対象として開設。現在は非営利団体として運営し、入居者は約350名。自立の方からターミナルケアまで段階別に行っている大型施設。
ロサンゼルス海外研修3.jpg

(3)Silverado senior living (シルバラードシニアリビング):認知症専門介護施設
認知症の診断がある方のみ入居でき、現在入居者は87名で満床。ペットの受入や外部との交流など施設であることを認識させないよう様々なアクティビティを提供している。
ロサンゼルス海外研修4.jpg

(4)Citrus valley hospice(シトラスバレーホスピス):ホスピス専門施設
ベット数10床で、医師からホスピスケア指示のある患者が対象。担当医、看護師、介護士、SWなど各専門職がチームとなりターミナルケアを提供する施設。
ロサンゼルス海外研修5.jpg

アメリカは介護機器が発展しているのではないかと勝手に想像を膨らませていましたが、意外と最新の福祉用具や介護ロボの導入は見られず、4か所の施設共通して言えるのがメンタルケアを最重視しているところでした。

また日本では課題である"虐待"ということに関してはあまり課題ではない様子で、虐待を発見した場合は警察に報告する義務があり、それは企業の責任ではなく個人の責任とされることが多く解雇処分も比較的簡単にできるとおっしゃっていました。また利用者に対して職員の数が多く、人員不足によって起こりうるストレス環境は少ないとのことです。

さらにボランティアの文化があり、食事・洗濯・買い物・掃除のボランティア以外にも財務管理や寄付金を集める方、書類整理、チャプランと呼ばれる宗教的なメンタルケア専門のボランティアも活動されており、施設によっては30名程ボランティアの方がこられている所もあります。ボランティアといえどルーティンワーク化されており面接や研修もあるそうで、直接ボランティア活動されている方にお話しを伺ったところ、活動が自身の生活の一部になっているとおっしゃられていました。もちろん完全無償で慈愛の精神での活動ではありますが、一方では大学入試の内申点や卒業単位にボランティア活動が含まれていたり、活動を義務付けられているような印象も見受けられました。
ロサンゼルス海外研修6.JPG
しかしアメリカには医療保険対象の施設(ホスピス施設やナーシングホームと呼ばれる看護が必要な方対象の施設)でなければ公的扶助がなく、介護施設は自己負担となり高額です。あくまでも個人的な感想ではありますが"高齢者介護"という分野では日本の方が格差なく保障され、ある程度一律のサービスを受けれるような印象でした。

もちろん制度や文化の違いがあるため比較することは出来ませんが、共通した課題は介護職の離職と育成です。管理者の方も"ご利用者の管理より職員の管理の方が難しく、多国籍の職員が勤務しているため職員間のもめごとは日常茶飯事だ"とおっしゃっていました。異文化の職員を統括するのは本当に大変なことだと思います。ただガイドさんからは"日本のように本音と建前という文化がないから逆に分かりやすいかも...?"というような意見もあり、なるほど...と納得してしまいました(笑)

長いようで短い研修でしたが、観光する時間もありとっても有意義な研修で楽しく過ごすことが出来ました。
ロサンゼルス海外研修7.JPG

投稿者 hcgblog : 11:48 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2016年 11月 18日

藤井寺市市制50周年記念式典で市から表彰状と感謝状をいただきました

藤井寺市市制施行50周年記念式典が11月3日文化の日、藤井寺市パープルホール大ホールにおいて大勢の関係者が参加して行われました。毎年、文化の日に市政に貢献した団体や個人の表彰や感謝状贈呈式が行われておりますが、今年は市制50周年記念ということもあり、公募で決定した市ロゴマークやキャッチフレーズが紹介され盛大に開催されました。
藤井寺市在住の筑前琵琶奏者の奥村旭翠氏が今年人間国宝に認定、名誉市民顕彰式が行われ市にとっては重なる喜びとなりました。(藤井寺市広報9月号に詳しく掲載)
表彰.jpg
藤井寺市パープルホール大ホールの記念式典 

ハートケアグループの藤井達也役員は藤井寺市の地域密着型サービス運営委員会委員として、また地域包括支援センター運営協議会委員として福祉厚生部門で2つの表彰を受け、デイセンターリハビリプラザ藤井寺は、昨年に続いてバザーの売上金を藤井寺市の善意銀行に寄付した事への感謝状をいただきました。
表彰2.jpg
ハートケアグループにとりましても大変栄誉ある喜ばしい事です。今後も地域に貢献して、地域と共に会社も歩んで行きたいと存じます。

ハートケアグループ副代表 米永まち子

投稿者 hcgblog : 14:11 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ