2017年 11月 30日

第8回ハートケアグループ 全体交流会

11月5日(日)、今年で8回目となるハートケアグループ全体交流会を「ホテル日航大阪」にて開催しました。秋晴れに恵まれたこの日は、全24営業所の職員165名が集い、交流を深めました。
第一部では、まずハートケアグループ代表の松下起士よりあいさつがあり、現在、約5千人という沢山の方々にサービスをご利用いただけていることへの喜び、そしてそれはまた、職員が日々適切に満足のいくサービス提供に努めている表れであると、ねぎらいの言葉がありました。
また、年々職員も増え、会社が大きくなっている中で、今年はその変化に応じた仕組みづくりの構築と、職員の働きやすい支援体制づくりに努めていること。そして創立30周年を迎える来年度は、30周年記念式典を盛大に開催し、たくさんの職員と共に祝いたいとのあいさつがありました。
全体交流会1.png

続いて、看護師15年、看護教員12年のキャリアを経て、現在大阪労災看護専門学校教務長をされている児玉善子先生に『自分らしく働く職場づくり』というテーマで基調講演をしていただきました。
先生のお話では、『自分らしさ』とは、『見つけるもの、発見するものではなく、様々なことに挑戦して創って増やしていくものである』ということや航空機に人生をたとえ、『いつも乗客ではなく、全責任を託された機長になって、全乗客の人生の舵を切って進むことは責任は大きいが幸せな事』であり、それゆえ『ビジョンや意図を持つこと』そして『そのビジョンに向かっているか』ということの大切さ語られました。また、チームが崩壊してもそれはチャンスであり、再度原点に戻り、どんな職場に、どんなチームに、どんな営業所にしたいのか?というビジョンをメンバーでコミュニケーションを取って確認し、共有することがチーム創りにとって必要であるとの貴重なお話を聞かせていただき、コミュニケーションの大切さ、そして伝える事、伝え方の大切さを再認識しました。終始児玉先生の明るくバイタリティー溢れる話しぶりに引き込まれ、アッという間の一時間の講演でした。
全体交流会2.png

その後休憩をはさみ、営業所紹介、新入職員、幹部職員紹介、役員紹介の後、表彰式がありました。営業所紹介では、それぞれの個性や特色をスライドショーと共に営業所長が紹介し、時折笑いも巻き起こしながら、各営業所の良さや頑張りがきらりと光る楽しい時間となりました。また表彰式では、今年は勤続10年の職員13名が永年勤続表彰され、ボランティアの3名の方へも感謝状が贈られました。

全体交流会3.png

続いて第二部では、32階のスカイテラスに会場を移し、立食パーティーによる懇親会を行いました。下田役員による乾杯の挨拶の後、美味しいお食事と共に、普段なかなか交流できない他営業所の職員との歓談のひと時を楽しみました。

全体交流会4.png

また、今年も本社営業所の職員が趣向を凝らした余興を準備し、毎年恒例の力作の動画に続いて、ブルゾンちえみwithBに扮した職員が仮装で登場すると会場に笑いが巻き起こり、代表や役員とのジャンケンゲームで会場は大いに盛り上がりました。 
32階からの素晴らしい眺めもすっかり夜景になり、藤井役員による挨拶で、今年の全体交流会も無事閉会しました。

全体交流会5.png

全体交流会6.png

投稿者 hcgblog : 13:29 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2017年 11月 22日

リハビリプラザ深野 収穫祭!

平成29年10月25日から31日まで、デイセンターリハビリプラザ深野(通所介護/大阪府大東市深野5-3-22)で『収穫祭-ハロウィーン-』を行い、深野で採れた野菜を使って色んな料理を作りました。

まず、収穫祭開催前のハロウィーンの雰囲気を出す飾りつけですが、10月2日から6日まで飾りつけ制作を行いました。切り絵はすべて手作りです。時間かけてます。力作です。

深野収穫祭1.jpg

天井のつるし飾りはご利用者みなさんの提案で配置しています。天井には職員の私しか届かないので、「もっと左、それはあっち」など動き回り、汗だくになりましたが、なかなか納得のいくオシャレな飾りができたと思います。

深野収穫祭2.jpg


「芋は掘ってから2週間くらい陰干ししたほうがええ、掘ってすぐ食べるより甘い」
と園芸部(ご利用者)に聞いたので、先に芋掘りを行いました。

深野収穫祭3.jpg


そして収穫祭当日、焼き芋、スイートポテト、カボチャケーキ、大学芋を作りました。
焼き芋は安納芋を使い、二つに割れば中が濃い黄色になっており、甘?い甘?い焼き芋ができました。

深野収穫祭4.jpg

深野収穫祭5.jpg

スイートポテトも安納芋で作っているので、砂糖は小さじで4杯。芋本来の味を生かし濃厚に仕上げ、砂糖が少な目なのにとても甘く、上品でコクのある、お店に負けないおいしいスイートポテトができました。

深野収穫祭6.jpg

深野収穫祭7.jpg

大学芋は揚げないで、さっぱりとして醤油の風味が効いたおかず大学芋に仕上げました。カボチャケーキは一番の大好評で、「家でも作ってみるわ!」「また作って!」という声をたくさんいただきました。カボチャの中身で餡を作り、皮は細かく切り生地に混ぜ、カボチャをどこも捨てることなく使用している、炊飯器で炊くだけの超簡単ケーキなのですが、皆様「おいしい、おいしい」と言ってくれるので、とても嬉しかったです。


パーティーゲームではグラグラゲームを行いました。
指先を上手に使い空間認識能力を刺激できればいいな...という狙いです。というのは建前で、とっても盛り上がるのでやっています。皆様すごい集中力で、黙ってしまう方や、ついつい声が出てしまう方など、さまざまに楽しまれています。

深野収穫祭8.JPG

深野収穫祭9.jpg

最高のハロウィーンパーティーになったと思います。協力していただいたご利用者の皆様、ありがとうございました。
以上、深野収穫祭でした。

投稿者 hcgblog : 15:04 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2017年 11月 1日

沖縄から"リハビリプラザ羽曳野"を見学に来られました

平成29年9月30日(土)、沖縄県読谷(よみたん)村にある"読谷の里デイサービスセンター"から、デイセンターリハビリプラザ羽曳野(通所介護/大阪府羽曳野市樫山45-1)へ、療法士と相談員の方2名の施設見学がありました。
リハビリプラザ羽曳野見学1.jpg
ありがたいことに、当社のホームページを見てスリングセラピーを積極的にしていることと、運営内容が似ていることからリハビリプラザ羽曳野を見学先に選んで頂いたようです。

リハビリプラザ羽曳野は、当社のデイサービスの中でもリハビリが盛んなデイサービスです。スリングセラピー・マット運動・パワーリハビリの集団リハビリの様子を見学し、1日の流れや職員配置、各サービス内容などについてたくさん情報交換ができました。
リハビリプラザ羽曳野見学2.png
その後は藤井寺市の本社にも来て頂き、当社役員と地域での違いや同じ高齢者福祉業界でのやりがいや難しさなどについて話され、こちらにも参考になりとても有意義な時間となりました。

一番驚いたのは、読谷の里の入浴設備には浴槽が無いらしく、そもそも湯船に浸かる習慣があまり無いとおっしゃっていたことにビックリ!入浴といえば湯船に浸かるまで当たり前...という頭だったので、シャワー浴しかないことにとても驚きました。

最後に沖縄の方言で「いちゃりばちょーでー」という素敵な言葉を教えて頂きました。
「一度逢ったらみんな兄弟」という意味だそうで、沖縄特有の温かい言葉に気持ちもほっこりしました。

日本全国たくさんの事業所がある中で、当社の事業所を選んで頂いたのも何かの縁です。これっきりではなく今後も情報交換しながら、一人でも多くの方に良いサービス提供ができるよう協力していきたいと思います。
機会があれば、こちらからもぜひ沖縄まで見学に行きたいですね!1、2週間滞在したいですが...(笑)

投稿者 hcgblog : 13:56 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ