2017年 11月 22日

リハビリプラザ深野 収穫祭!

平成29年10月25日から31日まで、デイセンターリハビリプラザ深野(通所介護/大阪府大東市深野5-3-22)で『収穫祭-ハロウィーン-』を行い、深野で採れた野菜を使って色んな料理を作りました。

まず、収穫祭開催前のハロウィーンの雰囲気を出す飾りつけですが、10月2日から6日まで飾りつけ制作を行いました。切り絵はすべて手作りです。時間かけてます。力作です。

深野収穫祭1.jpg

天井のつるし飾りはご利用者みなさんの提案で配置しています。天井には職員の私しか届かないので、「もっと左、それはあっち」など動き回り、汗だくになりましたが、なかなか納得のいくオシャレな飾りができたと思います。

深野収穫祭2.jpg


「芋は掘ってから2週間くらい陰干ししたほうがええ、掘ってすぐ食べるより甘い」
と園芸部(ご利用者)に聞いたので、先に芋掘りを行いました。

深野収穫祭3.jpg


そして収穫祭当日、焼き芋、スイートポテト、カボチャケーキ、大学芋を作りました。
焼き芋は安納芋を使い、二つに割れば中が濃い黄色になっており、甘?い甘?い焼き芋ができました。

深野収穫祭4.jpg

深野収穫祭5.jpg

スイートポテトも安納芋で作っているので、砂糖は小さじで4杯。芋本来の味を生かし濃厚に仕上げ、砂糖が少な目なのにとても甘く、上品でコクのある、お店に負けないおいしいスイートポテトができました。

深野収穫祭6.jpg

深野収穫祭7.jpg

大学芋は揚げないで、さっぱりとして醤油の風味が効いたおかず大学芋に仕上げました。カボチャケーキは一番の大好評で、「家でも作ってみるわ!」「また作って!」という声をたくさんいただきました。カボチャの中身で餡を作り、皮は細かく切り生地に混ぜ、カボチャをどこも捨てることなく使用している、炊飯器で炊くだけの超簡単ケーキなのですが、皆様「おいしい、おいしい」と言ってくれるので、とても嬉しかったです。


パーティーゲームではグラグラゲームを行いました。
指先を上手に使い空間認識能力を刺激できればいいな...という狙いです。というのは建前で、とっても盛り上がるのでやっています。皆様すごい集中力で、黙ってしまう方や、ついつい声が出てしまう方など、さまざまに楽しまれています。

深野収穫祭8.JPG

深野収穫祭9.jpg

最高のハロウィーンパーティーになったと思います。協力していただいたご利用者の皆様、ありがとうございました。
以上、深野収穫祭でした。

投稿者 hcgblog : 15:04 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2016年 12月 22日

リハビリプラザ深野 1周年記念イベント

デイセンターリハビリプラザ深野(通所介護/大阪府大東市深野5-3-22)は12月で開設1周年を迎え、12/1から7日まで、1周年記念イベントとしてご利用者に射的やビンゴなどを楽しんでいただきました。
リハビリプラザ深野1周年記念1.jpg
12/2(金)には口笛で世界大会で活躍された もく まさあき先生と口笛サークルの方々が来られ、ご利用者をはじめご来場された地域の方々と一緒に、素敵な音色の演奏と口笛健康体操を楽しんでいただきました。著名な、もく先生はテレビにも多数出演しておられ、地域の方からは「あの、もく先生が来るなら口笛教えてほしい」と問合せもあったほどで、スペシャルなリハプラ深野1日限定ライヴに、ご利用者・ご家族からも「来てよかった」と言っていただけました。
リハビリプラザ深野1周年記念2.jpg
昼食も1周年記念といたしまして、大東市ではなかなか予約の取れない「関西美食亭」さんのお弁当を12/1、2日限定で♪
普段外食を楽しめないご利用者へ、野崎地域では有名なtoto kitchenさんのお食事を12/3、5から7日限定で特別ビュッフェスタイルで♪
丹波産こしひかりを御櫃にてセルフスタイルで楽しんでいただき、美味しい国産のお魚料理などをはじめ、和食を思う存分堪能していただきました。ご利用者からは「美味しい!」「御櫃なんて懐かしいなあ」「バラ寿司なんて久しぶりに食べれて嬉しい」「へえ?セルフスタイルか?」と好評でした。
リハビリプラザ深野1周年記念3.jpg
スタッフも1周年を迎え、気持ち新たにご利用者の笑顔を見て、今後もリハビリはもちろん、レクリエーションなどのイベント行事にも工夫を凝らし、「ここに来てよかった」「ここに来ることが楽しみ」と言っていただける空間づくりを考えていけたら...と意欲を増し、頑張ってリハビリプラザ深野を盛り上げて行こうと意気込んでいます。

投稿者 hcgblog : 10:56 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2016年 09月 30日

デイセンターリハビリプラザ深野  『芋もち』作り

 「中秋の名月」には、秋の七草「萩(ハギ)・薄(ススキ)・葛(クズ)・撫子(ナデシコ)・女郎花(オミナエシ)・藤袴(フジバカマ)・桔梗(キキョウ)」を飾り、お月見団子や芋類を供えて月を観賞することから、「芋名月」 とも呼ばれています。
そこで、9月14日から16日の3日間、リハビリプラザ深野では、岐阜県の郷土料理として親しまれている「芋もち」をお月見団子にして、ご利用者の皆様に秋の季節を感じていただきました。                                             「芋もち」は、里芋とご飯で作ります。朝一番に作り方の説明をすると、ご利用者の皆様は、「えー」っと気の進まないご様子でしたが、炊き上がりのご飯と里芋を目の前に持っていくと 人一倍、作業に取り組まれ人一倍食べて下さいました。

芋もち1.jpg

あずき、田楽味噌、しょうゆの三種のタレがどれも相性良く、里芋の粘り気でご飯がお餅のようにモチモチしています。 年末のお雑煮にも合いそうです。 

芋もち2.jpg

お昼ごはんがあまり進まなかった方も「美味しい!」と、お箸が進んでおられました。

芋もち3.jpg

 これからも、リハプラ深野ではご利用者に楽しんで頂ける行事やレクリエーションを色々と提案し、開催していきたいと思います。次回もどうぞお楽しみに!!              

投稿者 hcgblog : 15:18 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2015年 12月 15日

デイセンターリハビリプラザ深野 オープン!

「デイセンターリハビリプラザ深野」が12月1日にオープンいたしました。

CIMG1182-500.jpg

「デイセンターリハビリプラザ深野」は大東市深野にあります。大東市は大阪府北河内地域に位置する南北に4.1km、東西に7.5km、人口約12.5万人の街です。住宅と工場の多い街ですが、周辺には生駒山系の飯盛山や野崎観音、深北緑地など自然もたくさんあります。また、すべての人がいきいきとした生活を送り、安心して暮らすことができるようにと、地域福祉も大変進んでいる街です。
そんな大東市深野で、ハートケアグループの理念である「快適をご利用者に 安心をご家族に」を基に、ご利用者には「楽しくて毎日行きたい!」と思ってもらえるような、ご家族にはご利用者がデイサービスを利用してから「生活に張りが出てきました!」「家に帰ってからも何かしたいと元気が出てきました!」と言ってもらえるような、デイサービスを目指して行きたいと思っています。
「デイセンターリハビリプラザ深野」の建物は、最大定員51名の大規模型施設となっているためフロアはとても広く、南側には大きなテラスがあり、天気の良い日にはそのテラス側の扉から柔らかな日差しが入ってきてフロア全体を明るく照らしてくれます。また、浴室には大小の浴槽があり、用途に応じて使い分けが出来るようになっています。
サービス提供時間は、9:30から17:00とレスパイトケア(※)にも対応します。サービス内容はリハビリを重視し、毎日の張りと喜びにつながる時間を過ごしてもらえるような趣味活動、レクリエーションにも幅広いメニューを取り入れて行きたいと思っています。
私は 入社して5年目で、営業所長という大役を仰せ付かり緊張の日々を過ごしていますが 、職場の仲間と共に、またハートケアグループという後方支援を得て、大東市に根付いていけるデイサービスになるよう精進してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

CIMG1404-500.jpg

※レスパイトケアとは・・・
介護の必要な高齢者や障害者のいる家族へのさまざまな支援。家族が介護から解放される時間をつくり、心身疲労や介護負担の増加などを防止することが目的で、多くのデイサービスやショートステイなどのサービスを指します。

デイセンターリハビリプラザ深野_地図-500.jpg

問い合わせ先-500.jpg

「デイセンターリハビリプラザ深野」のリーフットはこちらからご覧になれます。

投稿者 hcgblog : 11:01 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ

2015年 12月 4日

デイセンター リハビリプラザ深野 内覧会

平成27年12月1日に「デイセンターリハビリプラザ深野」は大東市深野5丁目にオープンしました。それに先立ち11月19日(木)と20日(金)に「デイセンターリハビリプラザ深野」の内覧会を開催しました。
?IMG_1311.jpg

?外観.jpg

19日は前日からの雨で朝からも小雨が残っているあいにくの天気でしたが、近隣の方々が多数ご来場くださいました。ご近所の方々が、「デイセンターリハビリプラザ深野」のオープンを楽しみにしていてくださったんだと実感できる瞬間でとても嬉しく感じました。
施設の中の見学では、広い浴室に大小2つの浴槽がある理由やリフト浴の機械などにも興味を持たれ 色々と質問をされていました。フロアにある3つのトイレには、「たくさんあるのねー」と驚かれていました。

?風呂・トイレ.jpg

?デイフロア-500IMG_1294.jpg

一通り見学された後は、職員によるスリングセラピーのデモンストレーションに参加していただいたり、機能訓練指導員によるJ?サーキットの講習を受け、筋力トレーニングマシンの体験をしていただきました。最初は使ったことのないマシンに少し躊躇されていましたが、少し体を動かしただけで汗が出てきて心地良い疲労感を感じていただくことができ、手軽に運動を楽しめるんだ!と、マシンの良さを実感していただけました。

?スリング・マシン.jpg

午後からは、J-サーキット株式会社代表取締役J.アライ氏による『カラダが喜べば、ココロも喜ぶ!』の講演にも参加していただき、「デイセンターリハビリプラザ深野」で行うリハビリの理解をより一層深めていただいていました。

?J.アライ氏講演.jpg

?J.アライ氏講演2.jpg

2日目の20日は朝からとても良い天気で、すぐ近くの飯盛山の山々も輝いて見え、南側のテラスからの日差しと東の窓からの日差しが、初日19日には感じていただく事が出来なかったフロアの明るさを強調していました。この日も近隣の方々のご来場も多くありましたが、午後から住まいと介護研究所 所長 谷口昌宏先生の『デイサービスをうまく利用しませんか?』の特別講演があり、ケアマネジャーのご来場も増えました。
谷口先生の講演では、日本の介護の現状や自立支援型のマネジメントが徹底されてくる理由、デイサービスでの機能訓練のあり方などを丁寧に講演していただきました。

?谷口先生講演IMG_1375.jpg

?谷口先生講演2.jpg

講演の内容は興味深く、これからデイサービスを運営していくうえで大変勉強になりました。中でも 自立支援型ケアプランは、ご利用者の「望む暮らしを達成する」ために課題をみつけ解決(改善)していくことが目的となり、デイサービスでの機能訓練は、課題を解決(改善)していく部分を担っていかなくてはいけないんだと思いました。

最後になりましたが、2日間たくさんの方々にご来場していただき、また、多くの方々の協力のもと無事に内覧会を終了することができましたことを、改めて感謝しお礼を申し上げたいと思います。
これからが本番になります。たくさんの方々に利用していただき、ハートケアグループの名前もどんどん覚えていってもらえるよう、職員一同がんばっていこうと思っております。これからも応援・ご支援のほどよろしくお願いします。

大東深野営業所 営業所長 野中 知美

投稿者 hcgblog : 10:34 | コメント (0) | ハートケアグループのサイトへ